職人とリフォームプランナー夫婦の狭く深い(?)経験から見た リフォーム現場についてのよもやま話です。

前々回の記事で、天井高が2290mmであることから、「10mm=1cm」のために、
吊戸棚と化粧台の選定が悩ましい…と書いていました現場ですが、
無事工事が終わりましたのでレポさせて頂きます。

まずは、ビフォー。
GK (1)

化粧台の高さが1790mmで、吊り戸棚が500mm。
まさに、天井高にピッタリ合わせるように、
納まっていました。
新築時だと、このように下地から設計してあり、
きれいに納まっているものの、リフォームの時は、
既製品が合わないことはちょくちょくあります。

また、こちらの洗面所は現状の壁が、
続きを読む ブログパーツ

関連タグ : 洗面所,

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年、年賀状の裏面にこちらの写真を添えさせて頂きました。
T (1)

年賀状のレイアウトを考えていた時、夫にこの写真を見せると
「えっ? 年賀状に足場を組んでる写真?…(^^;)
完成後の家とかでなくて?」 とちょっと怪訝な表情。

しかし、「まあ、お前がいいと思うんなら…」とのことで、
実際には、どんな工事の最中かがわかるよう、
ビフォーアフターの間取り図を添え、
下のような写真に編集しました。

T(0)

私がこの写真にこだわったのは、昨年の現場の中で、
一番工期を頂き、長く通わせて頂いた現場だったという他に、
甥っ子の現場デビュー!?の日の写真だったからなのですね。

というのも、
続きを読む ブログパーツ
しばらくぶりのブログ更新です。
8月頭から全面改装プラス増築をするリフォーム工事に入らせて頂いているのですが、
そのさなかに台風があり、現場でも雨漏りが判明、完了予定が伸びつつあります。

ということで、職人の夫は、現場にかかりきりなのですが、
私は現場を抜けては、現場調査に伺ったり、お見積りや打ち合わせの日々です。


さて、今回、お得意様から久しぶりにご連絡があり、
洗面化粧台の水栓の調子が悪いとのことでした。

設置後、かなりの年数が経っていることもあり、
メーカー純正の交換品を探しましたがありません。

GK (1)

このように、カウンターに取り付けてある水栓は、
カウンターに開けてある、穴の径や位置が、
新しい水栓と合えば、同じ形状の水栓でなくても、
交換できることがありますが、
今回は、ぴったりのものが見つからず、ご相談の結果、
化粧台を新しいものに取り替えることになりました。

しかし、たたき台としてお勧めする商品の選定に
すっかり悩んでしまうことに…

というのも、
続きを読む ブログパーツ

関連タグ : 洗面ボウル, 洗面所,

またまた前回の続きです。

児童デイサービス施設としての、
お子さんのためのコーナーのご紹介に続き、
記事タイトルの、和室の壁のビフォーアフターに戻ります。


こちらは、一連の記事の初回の玄関から見た和室…
の反対の視点の【ビフォー】です。
つまり、和室の奥から、玄関や、隣接する洋室を見たところ。
これから工事するぞ!って感じに、材料が積まれています。

010.jpg

そして、天井や壁をクロス貼りに、そして、
柱や長押し、入り口の枠などを白く塗装した、
【アフター】の写真がこちら。
お天気により、外の明るさも違うでしょうが、
白い壁で、より光が反射するのか、
雰囲気ががらりと変わりました。
続きを読む ブログパーツ
前回の続きで、 
和風戸建て→児童デイサービス施設 内装一新リフォームです。

この【ビフォー】の押し入れ・床の間は、

008_20180912134914ee9.jpg


木下地作りが進むと、こんな感じに。

008b.jpg


そして、壁の下地の合板を貼るとこのように。

続きを読む ブログパーツ