職人とリフォームプランナー夫婦の狭く深い(?)経験から見た リフォーム現場についてのよもやま話です。

今回は、玄関引き戸のリフォームです。

ビフォーはこちら。
凝った格子のデザインが素敵な引き戸ですが、
風雨で傷み、ガラスも割れたとのことで、
新しい引き戸に取り替えることになりました。
CG (3)

せっかく、新しい引き戸に取り替えるならと、
断熱性のある、ペアガラスの引き戸をお選び頂いたので、
現状の明かり取りの欄間(ランマ)部分には、
内側にアクリルパネルを張り足し、欄間からのすき間風も防ぎます。
CG (2)
(引き戸の外側は日に焼けて退色していますが、
 内側はきれいな木の色です)

では、工事の様子です。


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

今回は、団地の洗面化粧台の取り替えです。

実は、この家は、20年近く前らウチにリフォーム工事を依頼してくれる、妹の家。
このブログにもたびたび登場してもらっています。

 ●子ども部屋のリフォーム "6畳の子供部屋を二人で…" ご参照
 ●押入れを半分撤去→オープンクロゼット造り "団地の和室を洋室にリフォーム" ご参照
 ●コンロ横に棚とディスプレイコーナー造り "遊びゴコロ" ご参照

そして、今回は、洗面化粧台の取り替です。

ビフォーはこちら。 
ホーロー製ボウルのついたコンパクトな化粧台で、
正面が窓なので、前回のリフォーム時にもミラーキャビネットは使わず、
フロアキャビネットだけを設置しています。
US (1)


両側にスペースがあるのに、えらくコンパクトな化粧台だな…(60cm幅)
とお思いでしょうが(笑)、実は横幅に見合ったサイズ(75cm、90cm幅)
を入れられない理由があります。


US (3)


そう、右側にあるトイレのドアが干渉するのです。
仮にサイズアップして75cm幅の化粧台を置くとすると…
レイアウト


現状は、化粧台の奥行き自体もスリムなのですが、
幅の広い化粧台にすると、さらに手前でドアに当たり、
ドアの開閉可能な角度が狭くなります。


これを解決しようとすると、まず思い浮かぶのが、


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

今回は、リビングの間仕切り壁を撤去し、隣接する和室とつなげる工事です。

少し前の記事に、夫のインスタグラムでご紹介しているのをアップしましたが、
インスタグラムを利用していないと見られない、とのコメントを頂いたため、
こちらで再度、工事内容をご紹介させて頂きます。


いきなり、工事当日の写真ですが、こちらが撤去する間仕切り壁の和室側です。 
N1M (3)


右から床の間、飾り棚、押入れとなっており、
今回は、飾棚部分から左の間仕切り壁を撤去。
また、床の間やその手前の垂れ壁も取って、天井もつなげます。


こちらが、床の間の裏側、リビングの壁です。
この壁を背に、テレビを置いていらっしゃいました。
N1M (4)


間仕切り壁を撤去する時は、スイッチやコンセントなどの電気配線、
ガス管やガスコックなどがないか確認します。
今回は、窓際の方の壁は残るので、左端に写っているエアコンのリモコンや、
コンセント、テレビのアンテナなどは撤去せずにすみました。


ではここで、工事完成後のイメージです。


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

二ヶ月前のお仕事ですが、今ごろレポさせて頂きます。
(このブログ、私たちにとって大切な工事記録でもありまして、
 遅れながらも、なるべく漏れなくレポさせて頂こうと思っています)


さて、今回は建具…引き戸のプチリフォームです。

まずは、ビフォーです。
OT (1)


こちらは、廊下と和室の間の引き戸です。
「戸襖」と呼ばれるもので、和室側は襖紙、
洋室(ここでは廊下です)側はビニルクロスが貼ってあったりします。


お客様のご要望は、廊下が暗いので、
この引戸をくり抜いて、明かり取りの窓を付けたい、
また、窓の部分に、シノワズリ模様の木製レリーフをはめ込み、
その周りは輸入壁紙で仕上げたいとのことでした。


では、さっそく作業工程を。
まず、木製レリーフを取り付ける部分を鋸でカットします。


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

先日、掃き出し窓のサッシが、開け閉めの時にひっかかるようになり
使いにくいので、見に来てほしいとのご依頼がありました。

伺ってみると、窓の幅が2m50cmで、サッシは2枚。
この間口なら、サッシは3枚あるいは4枚に分割されてしまいそうですが、
お庭の景色を、より楽しむために、2枚引違いにして、
1枚あたりを大きくしてあるのでしょう。 
OS (1)


そのため、サッシ1枚あたりのガラスが大きく、重いのですね。
長年使われている間に、戸車の間にはいったゴミなどが
ひっかかり、レールを削ったり、押しつぶしたりしたのでしょう、
レールはこのようになっていました。

続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,