未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。

コロナウィルスという言葉を耳にするようになって、もう3ヶ月になるでしょうか…
あれよあれよという間に、私たちの仕事へも影響が来ました。

システムキッチンに組み込む機器や、トイレの温水洗浄便座などの設備品、
ドアの金物など、中国で作られ輸入されていたものが、入荷ストップ、
納期がわからない状態になったのです。

お客様も、そういったニュースを耳にし、目にされるからか、
ご心配をくださる一方、不要不急!?の工事も自粛気味のごようす。
例年よりぐぐっと、工事件数が減っています。

しか~し! 私たちの強みは、夫が多能工であること(^^)
設備がだめなら、内装仕事、元請け仕事が受注減なら、
空いた日は、職人として、仲間の職人のツテでゼネコン現場へ。

大手ゼネコンさんや、ハウスメーカーさんが、工事中止の
知らせを聞きヒヤヒヤしつつも、朝は4時半起きで、
遠方の現場へ向かっています。

さて、そうなると、営業兼プランナーの私は、夫ばかりに
今を乗り切る仕事を頼ってはいられません。 

せっかく、普段よりデスク前にいる時間が確保できた今のうちに、
できることを…ということで、15年ぶりに、『暮らしのリフォーム家朗』の
ホームページをリニューアルしました。

前回、つまり、ホームページを立ち上げた時は、
ホームページビルダーを使い、マニュアルと首っ引きで
どうにか制作。

Homepage1.jpg
↑リニューアル前のホームページ

(新しいホームページはこちら)

良く言えばシンプル、でもちょっと素人丸出し(^^;)のレイアウトなりに、
遠方からでもお客様がホームページを見て、
工事のお引き合いをくださる一方で、


続きを読む ブログパーツ
さらに前回のつづきです。

2階のビフォーアフターをまとめます。


【2階 ビフォー 北向き】
W02_2019071509141292a.jpg


左奥の押入れや、部屋と部屋との間の「垂れ壁」を撤去。
天井も下地ごと解体します。
床は畳をはずし、根太を組みます。
W2_20190715091413489.jpg


そして、前回の記事で触れました、
2階の部屋への入り口部分を造作します。
続きを読む ブログパーツ

関連タグ : 間仕切り, 引き戸,

またまた前回のつづきです。

前回の予告にありました、今回の間取り変更で悩ましかった、
テラスハウスならではの!?ポイントというのをご説明します。

ざっくりと木造の家の間取りを考えようというときに、
方眼紙やマス目のある紙の上に、
「ここに6畳の洋室、8畳のリビング、その隣に4畳半の和室…」
みたいな感じで、区切りながらレイアウトを考えたりしますよね。
モジュール02

このときのマス目の間隔の役割をするものを「モジュール」と呼び、
いわゆる木造の在来工法では、3尺≒910mm となっていることが多いです。
つまり、柱と柱の間隔がこのモジュールを基準に、910mmだったり、
その半分の455mmだったり、1/3の、303mmだったりします。

ハウスメーカーさんなどでは、このモジュールを1000mm とした、
いわゆる「メーターモジュール」を採用していることがあり、
廊下などでとくにモジュールの違いを実感します。

ユニットバスや室内ドアなど、このモジュールに合わせたサイズで
商品が作られており、便利な反面、オリジナルのモジュールでは、
合う商品がない、もしくは、特注になる、といったデメリットがあります。

ここで、私がポイントとしてあげたいのは、
続きを読む ブログパーツ

関連タグ : 間取り, 階段, 引き戸,

前回の記事で、5年前に造らせていただいた、
木製のバルコニーが写真にでてきましたので、
当時の様子をあらためてご紹介です。

ビフォーはこちら。
右側の腰高の窓の外に、お布団を干すための
木製バルコニーを造りたいとのご要望でした。
MB01

当初、窓の高さがそのままでは、布団の出し入れに
ご不便…というより、危ないのではないかと思い、
窓自体の改修を、また、木製よりアルミ製のバルコニーを
ご検討頂きました。

そして、ご相談の結果、

続きを読む ブログパーツ
マンションリフォームのつづきです。

トイレのクロスですが、正面と天井を柄物でポイント貼り、
(人によって呼び方いろいろ…アクセント貼りと言ったりもしますね)
その他は無地のクロスで仕上げることになりました。

まずは、天井を貼るのですが、夫があれこれ思案しつつ
このように貼りましたが、さて、こだわったところはどこでしょう?
NT02

答えは…

続きを読む ブログパーツ