エクステリア

ここでは、「エクステリア」 に関する記事を紹介しています。

今回は、エクステリアの特殊な工事のレポです。

お客様から、屋上に上がる階段を造りたい、とのご相談を頂きました。
今まで、他の業者さんにも聞いてみたが、明確な提案や見積もりが出てこなかったとのことでした。

う~ん、難題なのかな?…下見に伺ってみました。

このベランダ、鉄骨造の個人住宅の3階部分なのですが、
ここから左上の手すりがついた屋上に上がるための階段を造りたいとのこと。
屋上は手すりのある左側とその右側、ベランダの真上もすべて歩けるようになっているそうです。
IOK (3)


ベランダに来てみると、このようになっています。
ここから…
IOK (2)


上を見上げると、屋上の手すりが見えますね。
ここに階段を造りたいとのことでした。
IOK (1)


そもそも、ここで疑問がわきますよね。
なぜ、こんなに広い屋上があって、新築時から上がれるように設計されていなかった??
いえいえ、違うのです。



続きを読む ブログパーツ
前回のつづきです。


解体した離れと母屋の間をつなぐように造られていたテラス屋根を解体し、
元の梁2本の代わりに、玄関前の深い軒先部分を支える柱を建てます。
KR (10)



続きを読む ブログパーツ
今回は、使われていない"離れ"を解体し、その場所をカーポートと
畑として活用する…というリフォームです。


まずは、解体前。 こちらはGoogle Earthからの画像です。
左側の離れを解体します。
KR (1)


下見の時、離れの中に案内いただくと
なんとも不思議な光景が…
これぞ、緑のじゅうたん!?
KR (3)


この離れ、こちらのお家を中古物件として入手されたころから
こうなっていたようです。


離れの中は、大きく二部屋あり、もう一方の部屋には、
さらに出窓状になった小部屋がありました。

続きを読む ブログパーツ

関連タグ : エクステリア,

屋外の工事レポがつづきます。

今回は、玄関アプローチ周りから縁側へかけての
土間コンクリートとフェンス新設の工事です。


こちらのお客様の敷地は、少し奥まった場所で、門が無く、
開放的な空間でいらっしゃいます。

まずは、ビフォーの写真です。
この、玄関までのアプローチの踏み石周り、
現状のコンクリートに薄い部分があり、段差もあるので、
土間コンクリートをやり直したいとのご要望を頂きました。
IF (1)


また、写真で、グリーンのネットをかけているところ、
元々生け垣だったそうですが、木が一部枯れたり、
グラグラしてきたので、お客様でおおかた抜かれたとのこと。

今回は、代わりにフェンスを立てたいとのご要望でした。
IF (2)


そして、他にも見てほしいところがあるのですが…と、
お客様。 敷地の奥、縁側の方へご案内下さいました。

前に、他の業者さんにお見積もりを頼んだことがあるのですが、
職人さんが嫌がるとのことで、見積もりを渋られていたとのこと。

その、お客様のご希望というのは、


続きを読む ブログパーツ
今年は、お外の工事が多いです。
(外仕事の好きな夫は嬉しそう♪)

ご相談頂いたのは、瓦屋根の先端に、鉄筋を利用し、
絶妙に造られた波板の庇。
IN (1)[1]


「おじいちゃんが、造ったんです。
 今まで、台風が来ても壊れずにずっともっていたんだけど、
 そろそろ張り替えたほうがいいかなと…」とお客様。
そして、雨樋の劣化も気になられるご様子。

下から見せて頂くと、鉄骨の梁(はり)に、
鉄のパイプや鉄筋を溶接し、雨樋受けも
装着されています。
薄手に見える下地ながら、造りはしっかり。
IN (3)[1]


さらにこの庇、写真のように、雨樋が先端でなく、
少し内側に取り付けてあり、そのおかげで、
庇の先端に人の頭が当たらない高さに
仕上がっています。

新たに造り治す庇も、頭が当たらない高さに、と
ご希望でしたが、雨樋の取り付け位置的に、
庇の勾配とのバランスが悩ましく…(^^;)

では、もう少し離れて見てみましょう。


続きを読む ブログパーツ