建具・ドア

ここでは、「建具・ドア」 に関する記事を紹介しています。

今回は、手作りドアの取り付けです。

猫さんが、玄関ドアの前まで行くのをブロックするための間仕切りとドアを
造りたいとのご要望を頂き、不要になれば撤去できるよう、突っ張り式の
固定方法で取り付けました。


ビフォーです。
SRD (1)


完成イメージはこちら。
材料はツーバイフォーの住宅で使われる、SPFという材木です。
角が丸く造られており、節があるものの、表面もなめらかに製材されているので、
今回は、無塗装でそのまま使います。
SRD (2)
通気をする必要があれば、金属製のネットなどでもよいのですが、
今回は、猫さんが金網に登ったり、飛びついたりしないよう、
アクリルのパネルをはめこみます。


では、作業のようすを。


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : ,

今回は、キッチンの窓の取り替えです。

ビフォーはこちら。
少し懐かしい感じの型ガラスが入っています。
下見の時に、「窓が暗いので、交換したい」とお客様。
しかし…
HW (1)


キッチン正面の左の壁から右の壁いっぱいが窓になっており、
かえって窓からの明るさで、その上の吊戸棚部分が逆光で暗く感じるものの、
決して窓が暗いとは思えなかった私。

「今、型ガラスが入っていますので、次の窓も型ガラスにすると、
 明るさという意味ではあまり変わらないと思います。
 今度は、ガラスに今のような模様が入らないので、
 すっきりした感じにはなりますが。

しっかりと明るさを確保するには、窓の大きさ自体を変えて窓の高さを高くするか、
窓の外にテラス屋根や波板の囲いが設けてありますので、その囲いを取るとか、
屋根材を透明にする方法もありますが、そこまでするのも…」 


ちなみに、窓部分を外から見たところです。
HW (2)


こちらは、地元の昔ながらの民家といいますか、和風住宅で、
深い軒とさらにテラス屋根があるため、窓のサッシは外壁に釘打ちしただけの、
シンプルな留め方になっています。
コーキングや雨除けの見切りなどもなく、交換自体はラクにできそうな造りです。


ところが…

続きを読む ブログパーツ
今回は、団地の洗面化粧台の取り替えです。

実は、この家は、20年近く前らウチにリフォーム工事を依頼してくれる、妹の家。
このブログにもたびたび登場してもらっています。

 ●子ども部屋のリフォーム "6畳の子供部屋を二人で…" ご参照
 ●押入れを半分撤去→オープンクロゼット造り "団地の和室を洋室にリフォーム" ご参照
 ●コンロ横に棚とディスプレイコーナー造り "遊びゴコロ" ご参照

そして、今回は、洗面化粧台の取り替です。

ビフォーはこちら。 
ホーロー製ボウルのついたコンパクトな化粧台で、
正面が窓なので、前回のリフォーム時にもミラーキャビネットは使わず、
フロアキャビネットだけを設置しています。
US (1)


両側にスペースがあるのに、えらくコンパクトな化粧台だな…(60cm幅)
とお思いでしょうが(笑)、実は横幅に見合ったサイズ(75cm、90cm幅)
を入れられない理由があります。


US (3)


そう、右側にあるトイレのドアが干渉するのです。
仮にサイズアップして75cm幅の化粧台を置くとすると…
レイアウト


現状は、化粧台の奥行き自体もスリムなのですが、
幅の広い化粧台にすると、さらに手前でドアに当たり、
ドアの開閉可能な角度が狭くなります。


これを解決しようとすると、まず思い浮かぶのが、


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

二ヶ月前のお仕事ですが、今ごろレポさせて頂きます。
(このブログ、私たちにとって大切な工事記録でもありまして、
 遅れながらも、なるべく漏れなくレポさせて頂こうと思っています)


さて、今回は建具…引き戸のプチリフォームです。

まずは、ビフォーです。
OT (1)


こちらは、廊下と和室の間の引き戸です。
「戸襖」と呼ばれるもので、和室側は襖紙、
洋室(ここでは廊下です)側はビニルクロスが貼ってあったりします。


お客様のご要望は、廊下が暗いので、
この引戸をくり抜いて、明かり取りの窓を付けたい、
また、窓の部分に、シノワズリ模様の木製レリーフをはめ込み、
その周りは輸入壁紙で仕上げたいとのことでした。


では、さっそく作業工程を。
まず、木製レリーフを取り付ける部分を鋸でカットします。


続きを読む ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

前回と同じ事業所さんからのご依頼です。

事務室への出入りに設置されたスイングドアの
丁番の具合が悪くなってきたので、複数案のお見積もりの結果、
片開きドアに付け替えをさせて頂くこととなりました。


ビフォーです。
工事当日、施工前の写真を撮りそびれたので、
事業所さん(北摂福祉会ともがき様)のホームページから
お写真をお借りしてきました。
HD (3)

上の写真で、右下の方に写っている、
カウンターと同じくらいの高さのドアを撤去し、
代わりに片開きドアを設置します。


今回は、壁の下地作りやクロスを貼る手間を省き、
工期も短くできるよう、片開きドアの左右には塗装した柱を取り付け、
その間にピッタリ入るように、特注寸法でドアをオーダーすることに
しました。

ドアを取り付ける場所は、もともと大きな開口部で、
ぐるりに木枠があります。

ドアの色は白をご希望でした。そこで、
次のように、柱の色を白か木目色かシュミレーション。

続きを読む ブログパーツ