電気・水道・ガス工事

ここでは、「電気・水道・ガス工事」 に関する記事を紹介しています。

先日、とある医院さんで、
二階の浴室の床を水洗いすると、
階下の天井から水漏れがする、とのことで、
調査に伺いました。

現場はコンクリート造で、
二階の拾いタイル貼りの浴室内に
便器と洗面器が設置され、
主にトイレとして使われていました。

さっそく、天井の点検口を開け、
天井裏をのぞいてみると、
OH01
続きを読む ブログパーツ
少し前の水漏れに関する工事のレポートです。

お客様から、"どこからなのかわからないけれど、
床下に水が漏れているので見てほしい"と
ご連絡をいただきました。

キッチンの床下収納を外した部分から床下を覗くと、
確かに、水がしみています。
(写真の左の管はキッチンの排水管で、基礎を貫通して、
 浴室の床下へ通っています。右側はキッチンの給水管です。)
HH01

ここで、ふと疑問に思われた方!

その通り(^^)
続きを読む ブログパーツ
先日の夜10時ごろ、お客様から私の携帯電話にメールがありました。

「…給湯器に異常発生です。エラーコードは…」

ちなみに、下は給湯器交換時の写真ですが、
給湯器のふたを開けると、このように基盤がぎっしり。
"精密機械"なのですね(^^;)
HS00

そのコードから推測される異常は…と、メーカー資料を調べてみると、
”電磁弁の異常"となっています。 

「給湯器を取替えさせていただいてから、まだ3年もたってないのに、
 エラーとか故障って変だね…」と、夫と言っていると、お客様から続報が。

「今、蛇口を開けたら水自体がチョロチョロとしか出ないんですけど…」

  「お風呂ですか?キッチンでしょうか? 
  蛇口の先に茶こしのようなフィルターがついていて、
  そこにゴミや汚れが詰まると、水量が減ってしまうことがありまして…」と私。

確認いただくと、お客様はマンションにお住まいなのですが、
家じゅうの蛇口、とのことでした。
(これで、給湯器の故障でないことは推測がつきました。 
 給湯器でお湯を作るには ある程度の”水圧"が必要なので、
 チョロチョロの水量のせいで給湯器が 異常サインを出したのでしょう)

「…となると、給湯器の異常ではないですね。 水道メーター付近か、
マンションの貯水槽からの経路のどこかでの詰まりかもしれません。」

水はチョロチョロは出る、ということで、翌日現場に伺いました。
すると、
続きを読む ブログパーツ
去年の夏に、字が書きにくい、納豆のカラシの袋が開けられない
といった自覚症状から、"母指CM関節症"との診断を受けたという
話を書きました。
『字が下手になり、やたらコップを落とすその原因が…』ご参照

それ以降、包丁で大根を切るのにも手が痛いとか、
物をつかむときに痛いということで、ふと思いつき、
洗面化粧台の丸みのあるハンドル部分を、
握りやすい形のものに取り替えることを思いつきました。

そこで、夫の出番です。

ビフォーはこちら。
(あえて、掃除前の汚れたままの画像を…
 少々洗いにくい形状なのがわかって頂けますでしょうか)
JP02

この水、お湯のハンドルをエイッと取り、
(といっても、ビス留めですので、ちゃんと説明書を見ながら
 手順に従ってはずします…(^^))

続きを読む ブログパーツ
今日は3連休開け、という方が多いと思いますが、
私たちは、先週はしっかりと工事の日々でした(^^)

とある学校さんが、中古の戸建てを購入され、
クラブの生徒さんたちの合宿に使われるとのことで、
内装と設備を中心に工事させていただきました。

中でも、エアコンが各部屋に必要ということでしたが、
工事前はこのような感じ。
SA02

…ちょっと、問題ですね。
続きを読む ブログパーツ