職人とリフォームプランナー夫婦の狭く深い(?)経験から見た リフォーム現場についてのよもやま話です。

一般的な商品やサービスの販売と比べると、コンスタントに注文を頂くのが難しい、
つまり、『リピート客や回数が少ない業種』と言われるのがリフォーム業です。

しかし、私たちには、とても有難いことに、何度もリピートの工事依頼を
下さるお客様が何組かいらっしゃいます。

先日、そのようなお得意様の中から、あるお客様がかけて下さった言葉が、
とても心に残りました。

というのは…
続きを読む
スポンサーサイト



ブログパーツ
先日、お風呂場のリフォームの見積に伺ったところのお客様が、
80代で元気いっぱいの方だったというお話を書きました。
(『元気のヒミツ』ご参照)

後日、工事が確定し、改めて細かい採寸に伺ったのですが、
なんでも、お一人暮らしをされているその方は、88歳とのことでした。

前回お訪ねした時も、そのお元気な様子とともに、おしゃれなお洋服が
印象的だったので、今回、なにげなくお尋ねしてみました。

「あの、前にお会いした時も思ったのですが、とても
  おしゃれな装いをされていますよね。(姿勢もいいし)
  社交ダンスとかなさっていたのですか?」  

すると、

「いや、洋服は娘や孫が見立ててくれるのでね。
  それを着てるだけ。それに…」

この続きをお聞きしてびっくりしたのは、
続きを読む ブログパーツ
私の夫は内装職人です。

自称「多能工」として、水道や大工工事の絡むようなリフォームで、
それらの仕事ごと請けることもありますが、基本はクロスの貼り替え
や床材の貼り替えの仕事が多いです。

そういった仕事は、たいてい、"1mあたりいくら"、"1㎡あたりいくら"
といった単価制で報酬が決まることになるのですが、この単価なるものが、
この数年じわじわと下がり続けています。

もともと「建築業界は丼勘定」と言われ、製造業などと違って、
粗利の計算などに疎く、極端な話、赤字でも請けてしまう、
仕事さえあれば、引き受けてしまうという体質があるようです。

さらに、今は「相見積もりを取る」というスタイルが定着しつつあり、
仕事欲しさに、いくらでも下げるという泥沼にはまる業者さんも
あります。

先日も、内装専門の、とある元請けさんが、
続きを読む ブログパーツ
今週いっぱい、夫は、とある賃貸マンションの内装工事に通うことになっています。

今日が初日だったのですが、そのマンションに入ってみると、なんと、
エレベータ内の奥行がとても深く、夫いわく、

「軽自動車くらい乗りそうな大きさやったで
 しかも、積載重量は1300Kg、最大人数は20人って書いてあったで

「え、そこ新築なんやろ。この時期に豪勢な賃貸マンションってこと

「いや、中はワンルームが中心で、そんな派手な感じではないで。」

「えっ?じゃあ、なんでそんなエレベータ巨大なん?」

「いや、うわさではな…
続きを読む ブログパーツ
今、午前1時です。

実は、今日の午前1時から、夫は、とある店舗の改装の仕事に行って





いる「はず」でした。

大阪市内の現場に午前1時集合とのことで、「大阪の北海道」にある自宅
を出るなら11時半ごろ出発と逆算。
そして、夫が「そろそろ、出るか…」と車のエンジンを暖めに、玄関から
出ようとしたその時、携帯電話が鳴ったのです。
続きを読む ブログパーツ