職人とリフォームプランナー夫婦の狭く深い(?)経験から見た リフォーム現場についてのよもやま話です。

このところ、偶然なのか、「工事をしてもいい時間帯」に関して規則に厳しい
マンションでの仕事が続きました。

マンションのリフォーム工事では、前もって管理組合へ工事の届出をし、
敷地内へ工事車両を停めてもよい時間、工事をしても良い時間などを
確認します。

先月の工事では、車を敷地内へ停めても良い時間は、17時までが厳守。
例え、工事の途中でも、片付けの途中でも、17時になったら、とにかく、
マンションの敷地外に出し、(駐車禁止にならないよう)どこかの
駐車場へ車を移動させなければなりませんでした。

「まあ、敷地内に車を停めさせてもらえるだけでも、
 ありがたいよね。駐車場が離れたところだと、道具とか材料を現場に
 上げ下ろしするだけでも時間とられるし。」

「う~ん、ただな、今回の工事、マンションとはいえ、
 一階の店舗やろ。店舗の工事で5時までに終われと言われるのがなぁ

「徹夜でやれと言われるよりはいいやん

店舗の工事だと、営業を休める日が限られるので、
続きを読む
スポンサーサイト



ブログパーツ
我が家の二階のベランダ、奥行きが浅いせいか、屋根の庇が浅いせいか、
雨が吹き込みやすいようです。

雨が上がった翌日、「さあ、洗濯だ~」と張り切って、ベランダに
一歩踏み出すと、そこには、前日の雨で濡れたサンダルが。

気づかずに靴下を濡らして「おーまいがっ」となったことは、数知れません。

そこで、今回ホームセンターで見つけたのが、

続きを読む ブログパーツ
こちらの記事は閲覧が多かったため、写真付きの別記事もアップしました。
 『洗濯パンから排水の臭いが…②』をご参照ください。)

先日、『引越し先のマンションの洗濯パンから、夜になると排水の臭いが
するので見に来て欲しい』というご依頼がありました。

洗濯パンに組み込まれている『排水トラップ』は、通常は、部分的に水が
貯まるようになっていて、その水が、排水管内の空気が室内に流れないように、
フタ(?)をしてくれています。
(これを『封水』といいます)

『住宅建築専門用語辞典』の排水トラップの中の「わんトラップ」
 のイラストをご参照

そこで、排水の臭いがする原因は、
続きを読む ブログパーツ

関連タグ : 洗濯パン, 排水, 悪臭, 臭い, 洗濯機,

昨日に引き続き、クロゼットのお話です。

押入をクロゼットにする場合、一間の押入だとスペース的には難しいですが、
一間半~二間ほどある場合は、洋服を掛ける部分と布団を置く部分に分けて、
クロゼットドアの種類を変えてみるというのがお勧めです。

例えば、この部屋は元々洋室で、奥行は一般的な押入くらいある収納に、
引き違い戸がついていました。

クロゼット01

それを、左側は『両開き戸』を取付け、右側には『折れ戸』をつけて、
クロゼットにしたものです。

左側の、布団を入れる部分のポイントはずばり、
続きを読む ブログパーツ
リフォームでもご要望の多い『クロゼット』ですが、よくご依頼を頂くのは、
押入をクロゼットにリフォームする、というもの。

この場合、今まで洋服ダンスの中に掛けていた服を、押入内にハンガー
パイプをつけて、そこに掛けたいというのが、まずはきっかけのようです。

ですから、洋服を掛けて、下のほうに余裕が残れば、もともと押入内で
使われていた、奥行きの深い収納、引き出しタイプや蓋付きのもの、
をそのまま置かれる、ということが多いように思います。

ところが、何もない空間(室内)に、新しくクロゼットを作る、という場合、
奥行きも60センチほどになりますので、下の方は、新しく、クロゼットの
奥行きに合わせた収納(引き出しやケース)を用意することになります。

ここで、ちょっと不便なのが、
続きを読む ブログパーツ