職人とリフォームプランナー夫婦の狭く深い(?)経験から見た リフォーム現場についてのよもやま話です。

先日、懐かしいお客様から工事のご依頼がありました。

団地の和室の天袋と押入れを、クロゼットスタイルにリフォームさせて頂いたのが、
なんと、13年前。 写真で振り返ってみると…

押入れの中段をカットして一部を服が吊るせるように造作。
…当時の夫の後姿…若い!(^^;) しかも、細い♪
そして、後頭部…やめておきましょう(^^)
AW01

そして、天袋は、このように、
続きを読む
スポンサーサイト



ブログパーツ
先日、『家電礼賛① タオルが捨てられなくなる?洗濯機』という
記事を書いたのですが、今回は掃除機のお話しです。

買い替える前の掃除機はこちら。
もう10年くらい前かもしれません、妹が、
「うちの掃除機が壊れて、買い替えたんだけど、お姉ちゃん要る?」
といので、仕事がら、いくつ掃除機はあっても構わないともらったシロモノ。
でも、どこが壊れているのかわからないまま長年使い続けたのですが、
機能が良い分?(ごみセンサー付きだとか)の重いヘッドの扱いが苦に。
MS09

しかも、この掃除機、ヘッドが重いがゆえに、私にとって一番不便だったのが、

続きを読む ブログパーツ
先日、夜7時を過ぎたころだったでしょうか、お客様から、お電話がありました。

「仕事から帰ったら、水道の検針の方からのメモがあって、
 使用量が前回の倍になっているので、水漏れが疑われると… 
 で、キッチンの床下収納から床下を見ると、水浸しになってて。」

こういう時は、まずは、水漏れの場所がどこかを突き止めなくてはなりません。

現場に着いた夫は、お客様に状況をお聞きし、キッチンの床下の状況を見てから、
駐車場にあるメーターボックスを確認。
すると、止水栓は普段通り開いた状態で、
誰も水を使っていないのにメーターが回っていました。

そこで、次に、夫は電気温水器への給水用の止水栓を閉じてみました。
すると、先ほどのメーターも止まりました。
…ということは、漏れているのは、給水管ではなく、給湯管の方だということが判明。

給湯管の経路を調べるため、洗面所の床下ものぞいたり、
そこから見える配管を頼りに、外壁近くの地面を掘ったりして、
次のようなルートで配管されているという当たりをつけました。
(お客様にご説明するためにイラストにしたもので、
 点線のところは、隠ぺいされていて目視できない、仮定の経路)
HK01


ここで、夫の立てた"作戦"(^^;)は、
続きを読む ブログパーツ
このところ、トイレのパネル貼りの工事ご希望を多く頂きます。

そこで、ふと気が付いたのですが、「大阪の北海道」と呼ばれる!?
私たちの地域でパネル貼りが人気な訳は、冬場の結露で
タンクの周りの壁が湿気やすく、カビが生えやすいのでは?ということです。

先日のお客様宅も、壁のクロスや床のクッションフロアはまだ綺麗なのに、
YT01

タンクの周りの壁に、
続きを読む ブログパーツ
先週末、長期の工事が無事完了し、今週からは、その間にお待ち頂いていた
小工事に順番に回らせて頂いています。

さて、今日のレポはお二階のベランダの波板貼替。
古い波板を取り外した後は、夫の場合必ず樋の掃除をします。
「この落ち葉とか土が溜まったヤツ、植物にとったら腐葉土みたいな栄養や♪」
IN02

雨樋のごみを取り除いたら、じょうろの水で洗います。
IN03
(この後、ベランダに散水栓があるのを発見!ホースをお借りして洗いました)

この後、ベランダに上がってこられたご主人、



続きを読む ブログパーツ