〝片付いた家〟の奥様の、意外なヒミツ⁉︎

ここでは、「〝片付いた家〟の奥様の、意外なヒミツ⁉︎」 に関する記事を紹介しています。
先日、とあるお客様宅に、連日工事に伺ったのですが、
いつもリビングやキッチンがスッキリして、
片付いていらっしゃるので、思わず奥様に、

「お掃除が得意でいらっしゃるのですね~

 いつも、こんな綺麗になさってて…(^^)」


とお尋ねすると、驚きの答えが。

「いいえ~私、掃除、

 めっちゃ嫌いなんです~!!


 ほんと、何もしていませんよ(^^;)」

またまた…(^^)…と思わず、奥様にヒジ鉄
しそうになっちゃいましたが、ここで、ハッと
気が付きました。

そう言われてみれば…

souji.jpg
(これはイメージ画像です)


別に、ショールームやモデルルームのように、
緊張感のある片付き方…
というわけではありません。
可愛いモノもあちらこちら飾られているし、
見せる収納もされています。

要するに、このお家には、

今、必要のないモノ、

使っていないモノが、

『出しっぱ、置きっぱ』、

されていない!


例えば、椅子に服をひっかけていたり、
テーブルに読みかけの雑誌や新聞、
口を開けて輪ゴムで留めたお菓子の袋を置いていたり、
床にカバン、紙袋、猫のおもちゃ。
テレビ台に薬やメガネ…

(我が家だけかしら(^^;))

そういうものが、こちらのお家には
ほとんど無いのです。

モノが出ていないから、掃除がしやすい。

汚したらすぐ掃除するから、

ゴシゴシこするような掃除は要らない。


モノは使ったらさっさとしまうから、

部屋が散らからない。

たいそうな片付けはいらない…


ということなのですね。

掃除や片付けが嫌いだと、後回しにしてしまいそうですが、
逆転の発想、嫌だから、ちょこちょここまめに動いて、
作業を溜めない…。

うちも、もう少し家の中を見直して、
掃除のラクな部屋にしたい!と、
つくづく思いました。

そんな時、タイムリーに書店で目に飛び込んできた、
こちらの本。
M03

そして、さらに、本の中に、
衝撃のページが!

『4人家族の食器がたったこれだけ⁉︎』

このオープンな棚の最上段はまな板置きで、
下の方は、お水のストック置き場とのことですので、
正味、間の棚板4枚だけ…

M01

しかも、お皿の種類をかなり『割り切って』
絞っていらっしゃるのですね。

M02

食器って、それ自体もご馳走のひとつ、
見た目でも美味しくなるし、選ぶのも楽しめる。
でも、夫婦共働きで…しかもフルタイム(^^;)

毎日の食事にそれほど手をかけられないのなら、
家事の合理性を優先し、お皿の楽しみは外食や
旅行の時にと本気で割り切るのもあり!です。


この写真にかなりの衝撃を受けた私は、まずは、
自宅の食器棚を整理しようと決意しました。

『私も、飾る物は食器棚の中で飾る!』

(あれ?片付けより、飾り物が先?(^^;))

そして、意を決して、これだけの食器を処分することに。
もらったけど、ほとんど使っていないお茶碗や湯呑み、
特定のおかずの時しか使わないお皿、
色が気に入って買ったものの、飲み物の色が
見えないからとあまり使わないコップ…

ここで、つくづく感じました。

『結局、人は自分の気に入ったものばかり使う』

001

そして、なんと!
使わない食器をごっそり処分したことで、
食器棚の中に、料理本を置くスペースと、
モノを飾るスペースとが生まれました♪

002

このように、食器棚をスカスカにすると、
食器の出し入れも便利だし、料理本もすぐに
手に取れ、飾り物にもホコリがつきにくい♪

そして、効果を実感した私は、何度もチャレンジしては、
元どおりになっていた、衣類の整理も、同じように
断行したのでした(^^;)

合言葉は、

『結局、人は自分の気に入ったものばかり着る』

気に入った服はヨレヨレになっても、
ついそれを手に取るけど、着てみて今ひとつだった
服は、新しくても、手に取らない…

その目線で、まずは、洋服の入った引き出しを空っぽにし、
残したい服から選んでいき、次々と引き出しにイン。
引き出しの空き具合を見て、残りは、ポリ袋へイン。
そのまま処分しました。

本の中でも、著者のマキさんは、通勤着として
手持ちの服から限られたものを選び、
まるで制服のように着回し。
毎朝の服選びの時間も短縮されているそうです。。

人によっては味気ないと思うかもしれませんが、
面倒くさがりの私にも、これなら真似できる♪という
アイデアがいろいろありました。

さて、衣類タンスも食器棚同様、スペースにゆとりができ、
引き出しの開け閉めにひっかかることなく(^^;)スムーズ。
見た目もスッキリとしました。

すきま…って呼んでしまうと、思わず、もったいない
何か入れなくちゃ、になりますが、スペースって
捉えると気持ちがいいですね♪

今では、この本の表紙を目につくように棚に立てかけ、
自分にハッパをかけています。
ちょっと面倒な時に、エィっと用事を済ませるように…

だいたい、収納術とか、片付け術とかの本を読んでも、
『こんなマメさがあれば、とっくに片付いているわ!』と、
本にツッコミしてしまう私ですが、この本は、
面倒くさいことは合理化、省力化が徹底しているのですね。

そして、浮いた時間で、自分の好きなことこそ
(著者のマキさんは、子どもさんと過ごす
時間や手芸やお漬物などの趣味の時間)
こそ、ゆっくり楽しもうというスタンス(^^)

今度こそ続きそうな予感(^^;)





さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1001-8e8ce001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック