手すりの取り付け、申請のタイミングが…

ここでは、「手すりの取り付け、申請のタイミングが…」 に関する記事を紹介しています。
先日、室内と屋外の手すり工事の引き合いを頂きました。

お客様は、88歳の奥様で、背筋もすらり、
はつらつとしたお方でした。

とくに持病もなく、お医者様へもご無沙汰だそう。
今回の手すりは、たまたま、段差につまずき、
尻もちをつかれたとのことで、ご近所の方が心配され、
私たちのことを紹介くださったのでした。

手すりの取り付けご希望の場所は、屋外の、
玄関ポーチから道路にでるまでのアプローチ。
室内は、トイレと玄関ホール、浴室でした。

紹介くださったご近所さんが、手すりの取り付けに
あたって、ぜひ補助金の申請も…とお口添えくださり、
さっそく、資料をいただこうと役所へ行って参りました。

ところが、


YT01



現在、そのご高齢のお客様は、要介護、要支援、
といった認定を受けておられないことを伝えると、

まずは、管轄の包括支援センターの方に訪問いただき、
本当に、それらの要件にあたられないかを確認、
その結果次第で、どのような助成金を申請されるか、改めて
お客様とご相談されては、といったアドバイスをいただきました。

つまり、要介護、要支援の認定を受けているご高齢者だと、
一般の高齢者向け…手すりがあった方が安全なので備えておく…というよりも、
手すりをつけないと、現に、立ち歩きが難しかったり、危険である…
といった意味合いが強くなり、自己負担率や設置条件面で
メリットが大きくなる場合がある、とのことでした。

(実際は、役所に二回伺い、その都度ものすごくたくさん説明を
 してくださったのですが、ブログ上では、ニュアンスだけお伝え…(^^;))

しかし、お客様がお住いのところでは、どの制度で申請するにせよ、
耐震診断を受ける、という条件もセットになっているとのこと。
(お家の構造や築年数によって不要な場合も)

ひとまず、包括支援センターさんから面談には
来て頂いたものの、お客様ご自身としては、
介護認定へご要望は特にないとのこと。

申請をすると、工事までの手続きに日にちが
かかりそうなことがわかり、お客様としては、
なるべく早く手すりを取り付けたいとのことです。

そこで、今回は、必要最小限度で、自己負担で
工事をいただくことになりました。

さて、では、工事のプロセスです。

今回、手すりの取り付け位置をどこにするかで、
頭を悩ませたのが、この部分。

YT02

お客様は、石段の下から数えて二段目から
手すりをスタートさせて欲しいとのことでした。

というのも、石段の開始部分は、お庭の方への
通路になっており、手すりがあると、
通りにくくなるとのことです。
(上の写真とは逆に、石段の上からお庭を見た写真)
YT03

しかし、一段下から始まる手すりを頼りに
階段を降りるのはやはり危険。

そこで、夫が、玄関ポーチの端を斜めに
落とすことをご提案、お庭への通路も確保した上で、
最上段から手すりをスタートすることになりました。
YT04


サンダーで切れ目を入れた後は、
ハツリ機で、不要な部分を砕いていきます。
YT05


そして、最上段に支柱を埋め込むための穴を。
YT06


玄関ポーチ前の石段の他に、門扉~道路までの
アプローチにも手すりを取り付けます。
(写真の右下、側溝の上に2本の配管が見えますが、
 左が都市ガス、右が液化ガスの配管でした。
 支柱の穴の掘削中に、万が一ガス管に接触したら
 困るので、ガス会社さんにも事前に連絡(^^))
YT07


ハツリ機で穴を開け、土を掘り出したら、
支柱を仮に並べ…

(『手すりって、ちょいちょいっ、て付くのかと思ったけど、
 コンクリート割ったり、穴掘ったり、大変なのね…』とお客様)
YT08


ちなみに、門扉周りの土間に埋められた
石の段差もつまづきそうになる、とのことで、
支柱を埋める作業と合わせて、全面モルタルで
均すことになりました。
YT09


少しの段差(建築の意匠的には"ちり")があった方が、
敷石としては、立体感がでて良いのかもしれませんが、
ここは、見栄えより実用面を優先です。
YT10


玄関前の石段に手すりが完成!
YT11


お庭への通り道もどうにか確保(^^;)
YT12


今回は、アプローチの平坦なところは、
手すりをつけませんでしたが、将来、必要になれば、
延長できるよう、手すりの支柱はエンド型でなく、
一般型を使用し、手すりの端はアール状の納まりに。
YT13


手すりがちょっぴり?斜めに見えるのは、
手すりの背面の塀が少し傾いているからです…(^^;)
YT14


以上、今回は、手すり取り付けの下見をさせて頂いてから、
室内含め、手すりの取り付け工事が終わるまで、
2週間ほどと、スピード対応ができました。

手すりは、取り付けるとつい頼っちゃっうので、
なるべくつけないでおきたいという方、
転ばぬ先の杖…として、怪我してからでは遅い…と、
早め早めに準備される方。
(今回のお客様は、ご自身のためより、
 訪問して下さるお友達のためにも…と(^^))

お考えはいろいろですが、助成金を上手に活用し、
タイミングよく取り付けするなら、準備期間を
十分にとり、計画なさるのがおすすめです♪
YT15


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1002-2d98f53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック