カーポートの基礎穴を掘る時は配管に注意!

ここでは、「カーポートの基礎穴を掘る時は配管に注意!」 に関する記事を紹介しています。
先日の、カーポート新設工事のレポートです。

まずは、ビフォー。
IK01


普段、このようにお車を停められています。
よく見ると、家に対して、左手にある塀が平行ではなく、
敷地の手前が広くなるように、斜めに建っています。
そして、塀の側に浄化槽が埋め込まれています。

そこで、お客様とご相談の結果、


カーポートは、柱を家側にし、
浄化槽を避けて、設置することになりました。

まずは、柱の基礎となる穴を掘ります。

今回は、地面が土なのですが、
地中がかなり固くしまっており、
ところどころに石も入っているため、
ハツリ機も使いながら掘ります。
IK02


ハツリ機を使いつつも、浄化槽が近くにあるので、
注意しながら掘っていたら、大当たり!
排水管が出てきました。
穴を開けてしまわずに済み一安心(^^)
IK03
(…もし、開けてしまっても、一応、夫が自分で配管工事も
 できるので、私にとってはとても助かっています。
 以前、私、細い排水管に命中させてしまったことがありまして…)


「カーポートの施工は穴掘りが勝負なんですよ!
 メーカーの施工説明書の規定通りに
 大きく掘る業者は少ないと思います(^^;)」
と、お客様にアピール。 ついでに、穴の中でポーズ♪
(穴掘り、あともう少しやね(^^)/)
IK04


穴2つ掘るだけで、ちょっとした土の山が…。
IK05


穴堀が終わったら、柱をコンクリートで
固定します。
大量なので、ミキサーを使いながら、
砂、セメントそしてバラスを加え、撹拌します。
IK11


翌日、コンクリートが固まったら、
屋根部分を組み立てます。
IK06


梁を取り付けると、カーポートらしいシルエットに(^^)
IK07


母屋を順番に取り付け…
IK08


屋根のフレームが完成。
手前のバラスの山は、この後、地面を均すためのもの。
IK09


ポリカーボネートのパネルを貼り、
カーポートの完成です!
敷地が奥に向かってすぼまっているのですが、
カーポートの角が、塀にかからない、
絶妙な位置に設置できました。
IK10


今回のカーポートの現場は、道路から
よく見えるので、通りかかった別のお客様から、
『ウチもお願い!』と、お声をかけて頂きました。
穴掘りの疲れが吹っ飛ぶ嬉しさ、有り難さでした~(^^)
(一応、私も体格を活かし、スコップとハツリ機を持って、
 夫の横で"土木女子"していましたので(^^;))


そのお客様のカーポート工事、あらためて、
レポさせて頂きます!


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ





関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1025-7c40fb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック