階段周りの間仕切り壁を取って一階をワンルームに①

ここでは、「階段周りの間仕切り壁を取って一階をワンルームに①」 に関する記事を紹介しています。
今年の初記事です。 昨年秋の工事のレポートになります。
工事内容は、一戸建ての一階の階段周りの間仕切り壁や建具を撤去し、
LDK・廊下・和室をつなげ、ワンルームのように広くするというもの。

間取り図のビフォーはこちら。
HR01

そして、完成予定のアフターがこちらです。
HR02

今回の工事は、以前にご紹介した工事
『リビング拡張…どちらの間取りに?』
のチラシをご覧になったお客様からのご依頼です。
暮らしを見直すヒントになって頂けたようで、
とってもうれしいです。

では、もう少し詳しく、工事の目的や内容を。

お客様は、私たちの地元"大阪の北海道"と呼ばれる!?
能勢町(のせ)にお住まいで、特に冬の寒さが気になられ、

①冬場の各部屋と廊下との温度差をやわらげたい
②高齢にさしかかるお母様のために、バリアフリー化がしたい
③部屋のどこにいても、家族の声が聞こえ、様子がわかるように

が工事の目的でした。
そこで、よくご家族が集まる、一階の間仕切り壁を
トイレ、洗面所のみ残し、取り払うことになりました。

壁を撤去するというと、柱を取ってしまうの?となりますが、
この家の間取り上、もともと開口部となっていた
建具とその上の垂れ壁を撤去するだけで済み、撤去する柱は無し。

階段周りはもともと柱に囲まれており、階段の側桁が
筋交いの役目を果たしていますので、
柱をそのまま活かし、工事することができました。

さて、ここで、工事前にお客様にご覧頂いた
イメージパースをご紹介します。
こちらのお客様宅では、ワンコさんの他に、
ニャンコさんたちを多頭飼いされており(パラダ~イス(^^)♪)、
キャットウォークやキャットタワーもレイアウトしてみました。
(↓クリックで拡大します)
HR05

上のパースでひとつ、変な部分があるので、
触れておきますが、実は、玄関の踏込を上がって
すぐのところに取り付ける予定の二重サッシが
白く描画されていますね(^^;)
下のパースでは、ちゃんと透明になっています。
ソフトのバグか、私の作画が悪いのか…
お見苦しくて恐縮です。

HR04

上のイメージパースでわかりますかどうか(^^;)
今回の工事では、
和室と廊下の間仕切り壁を取ると同時に、
和室は床をフローリング貼りに変え、
大きくなった開口部の横…つまり、クロゼットの
廊下側の壁に収まるように、天井までの高さの
新しい引き戸を取り付けます。

また、和室のフローリングと合わせて、LDKから
廊下もフローリングを貼り直すので、
玄関前に取り付ける二重サッシも
段差なく取り付けることができます。

ここで、工事前の写真を少し…

リビングから玄関~階段の方に向かって左手
(リビングへの入り口ドアがあります)
HR06


その右手の写真で、キッチンに立って
階段下と廊下への出口を見たところ。
(工事前は出口の前はふさがっています)
HR09


こちらが、工事後のイメージパースです。
階段周りに残した柱に、キャットウォークが♪
HR08

そして、リビングの角にはキャットタワーを♪
HR07

上のパースでは、階段周りの壁を取って
柱だけになった時、柱が林立している感じを
デフォルメするため、柱をわざと少し太めに描画しています。

あまり、パースをスマートに仕上げてしまうと、
実際の工事が終わった時、思ったより狭いなあとか、
圧迫感があるなぁ…とかがっかりなさってもいけないので(^^;)

モデルルームの家具はわざと少し小さめにしてあることが
あるそうですが、私の場合は逆です(^^)
工事後のパースに落とし込む家具は、サイズを
お手持ちの家具と同じにし、なるべく外観も
似せたものをレイアウトするようにしています。

CGや画像加工の精度上、一見美化されすぎる?ことが
あるので、完成後の表面的なイメージにだまされないように、
しっかりと工事後の様子をご想像いただきたいからです。

それでも、もちろん、パース以上の仕上がり、
満足度アップを目標に工事をさせて頂くわけですが(^^)

では、工事レポ、次の記事につづきます!


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 間仕切り, 二重サッシ, バリアフリー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1030-cb7363ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック