手すりの取り付けは使い勝手に合わせて①

ここでは、「手すりの取り付けは使い勝手に合わせて①」 に関する記事を紹介しています。
昨年は、介護保険の住宅改修費助成金を利用した
手すり工事の引き合いが多く、地元でも
需要が増えているように感じます。

その中から、あるお客様宅の屋外手すり工事を
ご紹介させて頂きます。

こちらがビフォーです。
手すり取り付け位置を、地域包括支援センターの
介護支援専門員の方とお客様とでお決めになった位置に
青いテープが貼ってあります。
TO01
実際に工事をスタートするには、書類で申請をし、
許可が降りてからになります。

では、工事の様子を…

まず、タイルの表面から、ドリルで穴を開けます。
TO02

まずは、手すり棒を支えるためのブラケットを
取り付け、手すり本体を切断し、ビス留めします。
コーナー部分は、ジョイント材が入るので、
両側にブラケットが必要となります。


角度が自由に変えられるブラケットを使いつつも、
ガレージ床の勾配や段差、階段横のスロープに合わせて
角度をきっちり合わせるのが難しいところ。
TO03


写真で見ると、めっちゃいがんでる(^^;)
ように見えますが、これでバッチリ合っています!
TO04


引いてみると…どうですか?
TO05


さらに、手すりが使いやすくなるよう、
手すりのそばの、コンクリートのスロープを
一番下だけ撤去し…


このように、足元がすっきりとしました。
TO04.jpg


ちなみに、手すり工事とは別に、
奥の門柱にある表札が、少し見えにくいのでは?ということで、
新しい表札を、手前の左側の門柱に取り付けることになりました。


元の表札を撤去した後の穴はどうしよう…
ということで、たまたまタイル職人さんに
もらっていた、モザイクタイルを埋め込んでみました♪
TO06


サイズも違和感なくぴったりな感じ(^^)
TO07


次の記事につづきます。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 手すり, バリアフリー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1039-147105ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック