手すりの取り付けは使い勝手に合わせて②

ここでは、「手すりの取り付けは使い勝手に合わせて②」 に関する記事を紹介しています。
前々回の記事のつづきです。


過去に、この写真の左側手前に写っている手すりを
別の業者さんで取り付けられていたのですが、
玄関ドアから、その手すりまでの手すりを追加されたい、
とのことで、工事をさせて頂きました。

TO02.jpg


例えば、過去記事でご紹介したような、スタイルでも良いのですが、
今回は、ご予算との兼ね合いもあり、

KT10
このように、支柱を使わず、壁を利用して、
ブラケットにて取り付けました。
TO03.jpg


手前のタイルで化粧された柱は、下地として
しっかりしたものですが、玄関ドアの横は、
サイディングで、下地がありません。


そこで、表面にウェスタンレッドシダーを塗装したものを、
柱と柱に渡すように固定、手すりのブラケットの下地としました。
↓アップの写真です。
TO06.jpg


ご予算によっては、支柱を複数足し、写真左手前の手すりと
同じ直径の手すりを接続させるような工事も可能です。


手すりは、屋外、屋内、また水周りなど、場所と使い勝手に
合わせて、いろいろなタイプがそろっていますので、
じっくりと打ち合わせさせて頂き、少しでもお役に立つものを
取り付けさせて頂きたいなと思っています。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ

関連タグ : バリアフリー, 手すり,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1042-eedab021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック