外壁塗装と屋根改修を同時に③

ここでは、「外壁塗装と屋根改修を同時に③」 に関する記事を紹介しています。
またまた前回のつづきです。

ここでちょっと、外壁塗装にまつわる付帯工事についてご紹介。

室内の壁クロス貼替の時もそうですが、壁の仕上げをやりかえる時は、
壁の表面の配線(露出配線)や、いらなくなったものをはずしたり、
取り替えたりするチャンスなのですね。


今回の現場でも、使わなくなったエアコンや室外機を撤去したり、
郵便ポストの塗り替えで、支柱の根元が腐食しているのに気が付き、
直したり、いらないアンテナやケーブルをはずすことができました。
KG (4)

そう、このポスト、



錆止め塗装をしていた時に、根元が錆で腐食し、
大きな穴が空いていることが判明。
皮一枚?で持ちこたえていた部分がありました。
KG (16)


周りが土のままだと、水を含んで錆びやすいので、
根元の周りをもう少し深く掘り、まわりにモルタル充填。
支柱とポスト本体は塗り直してもらいました。
KG (18)


ポストの塗装色をもとの色と変えますか?とお尋ねしたところ、
グリーンにすると、葉っぱの緑とかぶるし、今の色が外壁に
合っているから同じ色で、とのことで、職人さんに調色してもらいました。
KG (17)

インターホンの支柱も、実は木製で、
地面に接するあたりが腐食していました。
KG (15)


そこで、こちらもモルタルで支柱の根元を補強。
KG (19)


照明カバーの黒い部分も錆が目立ってきていたので
薄いグレーに塗り直しました。
KG (26)


外壁塗装と並行して、このような、付帯作業を行い、
あとは、足場の解体を待つのみに。

そこで、今一度、玄関周りを高圧洗浄で清掃。
KG (20)


足場を掛けるのに、干渉するのではずしていた、
カーポートのパネルを戻すのですが、せっかくなので、
こちらも高圧洗浄でさっと水洗い♪
KG (21)


こちらは輸入住宅で、網戸が室内からはずせないため、
足場があるうちに、すべて外して洗います。
KG (22)


網戸を外した部分の、レール部分も忘れずに…
KG (29)


外壁塗装の時は、こういった付帯作業を
一手に引き受けている我が夫、
いつもお世話になっているお得意様のために、
感謝を込めてガーデンチェアもリフレッシュ!
KG(27).jpg


足場を掛ける時は、お庭の周りをウロウロさせて頂くので、
フェンスの水洗いなど、目につくところは、なるべく
お手入れさせて頂いています。
外壁とともにすっきりとして、気持ちいい仕上がりです(^^)


では、次の記事でいよいよ外壁・屋根の
完成レポートです♪


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ







関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 外壁, 屋根,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1047-8d7d2abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック