玄関ホールの動線を考えた収納リフォーム

ここでは、「玄関ホールの動線を考えた収納リフォーム」 に関する記事を紹介しています。
今回は、店舗併用住宅の玄関ホールに、
収納場所を新しく造作するリフォームです。

まずは、【ビフォー】です。
玄関ドアを開けて、玄関ホールを見たところ。
(工事直前の写真です)
AG01.jpg


【ビフォー】の間取り図です。
左側の壁の中央に店舗への出入り口があり、
廊下正面はキッチンの入り口です。
その右手前には洗面所の入り口があります。
AG00.jpg


今回、お客様からのご要望は、置き家具をやめて、
玄関収納を造り、玄関をすっきりさせたいとのことでした。

さて、では、どこに、現状の家具の収納量が入る分だけの
収納を造作するか…
収納量もさることながら、私が気になったのは、
現状の、店舗やキッチンへの動線を、もっと
スムーズにすることでした。

そこで、このように、


現状の靴収納の位置に、天井までの高さの
クロゼットを取り付け、また、お客様からのご要望の
「床から浮いた収納」 (その下はペットのトイレ置き場に活用)
キッチンと洗面所の入り口の間(間取り図では右上)にすることをご提案。

AG02.jpg


こちらの玄関は、玄関ドアの両サイドに型ガラスの袖壁があり、
とても明るいのですが、クロゼットで片方の袖壁を隠すことで
工事前よりは暗くなるというリスクがありました。

そこで、下のようなイメージパースを何点かご覧頂き、
お客様にリフォーム後の明るさへのご覚悟!?(^^;)もお願いしました。

ビフォーアフターのシュミレーションとして…

【玄関ドアから見たビフォー】
AG01.jpg


【玄関ドアから見たアフター】
「ドア開けたらバーン!とクロゼットドアがそびえていますよ~」
AG04.jpg


【玄関ドアの方向を見たビフォー】
靴収納を撤去するとますます明るいですね♪
AG03.jpg


【玄関ドアの方向を見たアフター】
「クロゼットで玄関ドアの右側のガラス部分が隠れます」
AG05.jpg


【アフター②】
クロゼットドアを開けたところです。
「パースがかなり広角になっていますので
 実際より広く描かれていますが…(^^;)」

AG06.jpg


【アフター③】
床から浮いた収納です。
「巨大な吊り戸棚…といった感じです(^^)」
AG07.jpg


では、実際の工事の様子を…

まずは、廊下突き当たり右の奥に
"床から浮いた収納"を造ります。
(私は、クロスめくりを担当♪)
AG08.jpg


次は、玄関ドアを入って左手に、天井までの高さのクロゼットを造作。
AG09.jpg


クロゼットのドアもセットし、壁下地のパテも済みました。
さて、天井と壁のクロスの仕上がりは、どのようになるのでしょうか?
AG10.jpg


気になる仕上がりは…次の記事につづきます(^^)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 玄関,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1049-cc85d5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック