子ども部屋 「ビフォー・アフターのアフター」 のアフター

ここでは、「子ども部屋 「ビフォー・アフターのアフター」 のアフター」 に関する記事を紹介しています。
先日、妹宅に行き、久しぶりに大学3回生の姪っ子に会ってきました。

妹一家は団地住まいなのですが、5人家族には手狭で、
数年前までは、すぐ上の住戸が賃貸に出ていたのを借り、
屋外に階段がある2階建てのように生活。

そして、昨年、お向かいさんが引っ越され、賃貸に出すという
お話しから、お向かいさん宅に借り換え、ベランダ(避難通路)の
間仕切りをはずして、細長い平屋のように?生活しています。

↓外廊下?が長~い(^^;)
201902ベランダ

で、姪っ子が、「うちの部屋見て!」と呼ぶので、ベランダから
もうひとつの住戸の彼女の部屋へ。

すると、

懐かしい、勉強机が目に飛び込んできました。
SA01

SA02


思えば、大学3回生の姪っ子が、小6のころ、そう、10年ほど前です。
当時高校生のお姉ちゃんと二人で使えるようにと、
市販の本棚サイズのカラーボックスと、長いカウンター材をドッキングし、
ローコストで造作した勉強机でした。
non titled 127

勉強のあいまに、二人でテレビ観たり、ゲームができるようにと、
こんなレイアウトに…懐かしい(^^)
(真ん中でパソコンのセッティングをしているのが10年前の夫です。…若い!)
non titled 130

この後、妹宅がすぐ上の住戸を借りた時には、この机もお引っ越し。
(2m40cmあるカウンターを、夫と階段で運んだものです。)
この頃は、姉妹でなく、母親や末の弟とも机を共用していたようです。

そして、昨年、お向かいさんの住戸に借り換えることになった時には、
上のお姉ちゃんが社会人になり、部屋を分けたこともあって、
カウンターを1m50cmほどにカットし、ひとり用の机にしました。

そして、現在も、冒頭の写真のように、本棚の部分を
背面に置いて使ってくれています。
以前は、前にカウンターがあることで、本棚の下の部分が
使いにくかったのが、フルに使えるようになり、便利だとのこと。

リフォームのアフターがこうして見られるのは、仕事柄、
とても有り難いものです。
これからも長く使ってもらって、また、カスタマイズの時には
声をかけて欲しいものです(^^)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 家具, 子ども部屋,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1059-419a5e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック