性格じゃなくてクセ

ここでは、「性格じゃなくてクセ」 に関する記事を紹介しています。
今回、「幸せのホームページ」に出会ってから、早速、
幸せになる考え方」を実践してみました秊

私の夫は、よく言えば几帳面で注意深いタイプ、
悪く言えば、細かいことに口やかましく、心配性といった感じです。

いつも、夫婦げんかの小さなもとは、夫から私への小言でした。

「あれ、トイレの電気ついてるなあ。コナン(猫)がはいってるんかなあ?」
(私が消し忘れたことわかってて言うもんなあ…)



「わあ、ポットのお湯、全然無いやん。空焚きしたら火事になるで!」
(マグカップ一杯分くらいは入ってるやろ。大げさやなあ)

「もう12時やで。明日寝坊するなよ。先寝るで…」
(まだ11時半やん。30分も繰り上げ?何でも大げさにとるんやから)

極めつけは、圧力鍋を使っていたときのこと。

「わあっ、こげくさ~。あっ、フタのパッキンはみでてるやん。
 ちゃんと確認せんと閉めたんやろ。あ~あ。パッキンこげたんとちゃうか~。
 パッキンの代え、あるんかな。ご飯に匂いうつってるかもなあ。
 あ~くさいくさい」

「あんな~、ちょっと火力が大きくて
 取っ手のとこに火がさわっただけかもしれへんやろ。
 中を確かめもせんと、大騒ぎせんといてよ~。」

ついに逆切れ。
(ちゃんとご飯は炊けていたので余計に)

は、おとといの晩のはなしです。

でも、昨日ホームページに書いてあったことを思い返し、

「つまらないことで自分からムカムカすることないわ。
 考え方を変えたらいいねん。
 つまり、彼は、『大げさ』なんやなくて、『慎重』なんやわ。
 
 だから、今まで大きな事故もないし、ボヤを出したこともないし、
 戸締りにうるさいから、コソドロにはいられたこともないし。
 遅刻したり仕事で大失敗したこともない。全部彼のおかげやわ。

 だいたい、『まあいいか~』ばかりの人やったら、私たちみたいな仕事
 してたら、吊戸棚落っこちたとか、水漏れでビシャビシャとか、大変なことに
 なるもんな~」

まあ、そう考え方を変えてみると、「もう少し私自身が心を『大きく』
するようにしよう」という前向きな気になってくるから不思議です。

それに、
「すぐ人の言ったこと、ことこんな風にとらえたらあかんな。
 今までだったら、この『深読みしてしまう』のがわたしの性格やから
 って考えてたけど、『私の考え方のクセ』だと思えば、治せるような
 気がするわ。本多さんが書いているとおりやわ」(単純…)

とにかく、自分から小さな不幸(イライラやくよくよ)を作らないように
気をつけようと思います。三日坊主になりませんように。

本多さんの本はこちら↴ ホームページを隅から隅まで読めば、
本が無くてもエッセンスは十分に盛り込まれていますが、
手元においていつも意識しておくのもいいかなと思い、昨日買いました。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

幸せになる考え方 (アルファポリス文庫)
本多 時生
アルファポリス
売り上げランキング: 20450

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/107-1a49e616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック