ダイニングテーブルのプチリフォーム♪

ここでは、「ダイニングテーブルのプチリフォーム♪」 に関する記事を紹介しています。
前回の記事の現場ですが、
家具のレイアウトの見直しと同時に、
ダイニングテーブルをカットし、少し小さくしたいという
ご依頼をいただきました。

テーブルは、カリモク社の重厚な作りで、
本当に切ってしまってよいのか、切り口やその他の
塗装が、工場製造時の塗装のようにはならないので、
違和感ができてしまう…など、何度もお客様にお尋ね…
というより説得(^^;)させて頂いたのですが、
お客様は、どうしても、小さくしたいとのこと。

そこで、持ち帰って、カット!
切り口の形状が、このようになりますね。
AL13.jpg


そこで、

切断面のところに、埋木をし、外観上は、
元のテーブルの形状に似せました。

そして、テーブルの天板前面を、電動工具で
サンディング…ヤスリがけをしました。
AL14.jpg


下地が整ったら、ステインで着色。
AL15.jpg


そして、透明のニスを塗っては乾かし、
塗っては乾かし…を複数回重ね、
このような仕上がりに。
AL16.jpg


長く使われていたためにできた傷や塗膜のめくれなどは、
ほとんど目立たなくなり、お客様にはとてもお喜びいただけました。

このように、無垢材でできた家具の場合は、全体的に
サンディングをし、再塗装することで、傷や汚れをリフレッシュする
ことができます。
良い物は、長く大事に使いたいですね。


ただ、テーブルや机を切断する場合は、脚の形状や、
幕板の有無により、裏面の加工や、脚の交換が
必要になる場合があります。
意外と費用が膨らみますので、ご検討は慎重に…。



さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 家具,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1080-f639075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック