ガレージの波板を乳白色にするワケは?

ここでは、「ガレージの波板を乳白色にするワケは?」 に関する記事を紹介しています。
先日、台風で破損した波板の張替えに伺いました。

カーポートの波板ですが、お客様が選ばれたのは、
ポリカーボネイトの波板では一般的な、
透明のブラウンやグレーではなく、乳白色の波板です。
(タキロン社のオパールという色です)
KN (3)

あえて、乳白色を選ばれる理由は、


奥様によると、夏場に、カーポートの下で、
「おしゃべりをする時に日陰が欲しい」とのことでした。

上の写真は、時間帯で、影の位置がわかりにくいのですが、
確かに、夏場は、透明の波板に比べると、うっすらと
影を作ってくれそうです。

昔は、波板というと「塩ビ…塩化ビニル」が主流でしたが、
今は、ポリカーボネイトという丈夫な樹脂ができて、
割れたり欠けたりせずく、10年くらいは軽く保ちます。
物干しも、夏場の日差しを思えば、乳白色を選ぶのも良さそうです♪


ところで、波板の張替えの時は、雨樋の掃除のチャンスです。
こちらの現場でも、この通り。

ビフォー
KN (1)


アフター
KN (2)


雨樋の排水管のジャバラも、劣化していましたので、
交換させて頂きました。すっきりしますね!
KN (4)


波板の張替え完了です。 
また来年、この波板の影のもと、
みなさん、お話に花が咲きますように。
KN (5)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ

関連タグ : エクステリア,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1082-1ddbd412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック