下駄箱をオープンな棚板収納にチェンジ♪

ここでは、「下駄箱をオープンな棚板収納にチェンジ♪」 に関する記事を紹介しています。
先日の記事で、玄関の上がり框のところに間仕切り壁を建て、
内窓を取り付けた工事例をご紹介しました。

今回は、同じ現場で、先に工事させて頂いていた、
下駄箱を棚板収納にプチリフォーム…のレポです。

さっそく、工事写真を見てまいりましょう。
下駄箱を撤去すると、こんな感じです。

TG (1)

「ああ、こんな形の下駄箱が置いてあったの!」と
よくわかるような撤去跡ですね。

新築の時の下駄箱の取り付け方によっては、
下駄箱の裏に壁がある場合と、無い場合
(空間だけぽっかりと空いている場合)があります。

こちらのお家のように、壁を先に作った後で
下駄箱を設置してあったのなら、
撤去した裏側にも壁がありますが、

下駄箱を設置した後で、周りに壁を造っていたなら、
つまり、下駄箱が壁に埋め込まれていたのであれば、
下駄箱の裏には壁がないということになります。
例えば、下の写真のような感じです。

TG(7)


さて、今回は、撤去した下駄箱の裏に壁はあったものの、
実は、以前に、玄関の壁一面に湿度を調節するタイルを
貼るリフォームをされていたので、(ピンクの壁部分)
タイルの厚み分、下地の壁に段差があります。
そこで、段差解消のために合板を上貼りします。

また、棚板をセットするための棚柱の取り付けも
必要ですので、




棚板を設置する両サイドの壁も、
現状のタイル壁の上に、ネジが留められるように、
合板を重ね貼りしました。

右側の壁です。
壁クロスで仕上げるために、
合板のつなぎ目やネジの頭にパテを施します。

TG (2)


反対側も同様に。

TG (3)


そして、壁クロスを貼ります。
壁のタイルが温かみのあるピンクで可愛らしい雰囲気なので、
お客様とご相談、遊びゴコロのあるクロスの柄を選びました。

TG (4)


棚柱を取り付け、棚板をセットしたところ。
もちろん、棚板は棚受けの場所を変えることで、
好きな高さに設置いただけます。

TG (5)


元の壁に、せっかく吸放湿性のすぐれたタイルを
貼っていらっしゃったので、クロス壁に替えるのは、
必要最小限度にしました。

棚板で視線が区切られるので、
タイル壁とその下の壁クロスの部分が
違和感なく納まっていると思います。

TG (6)


棚板はあえて、下の方は取り付けず、
冬場に灯油のポリタンクを置いたり、
高さのある物が置けるように空けてあります。



お客様は、以前に私たちのチラシで下の
施工例をご覧になり、お声をかけて下さいました。

クロスや棚の選び方でこのように雰囲気が違ってくるので
お家ごとに工夫ができ楽しみですね♪

HRG (5)a



こちらの現場の施工例、詳しくは、
ぜひ、下の記事をご覧ください。
『階段周りの間仕切り壁を取って一階をワンルームに⑥』




さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ

関連タグ : 玄関, 収納,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1099-96f97191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック