風変わりな家

ここでは、「風変わりな家」 に関する記事を紹介しています。
さて、以前私たちが賃貸で住んでいた「風変わりな家
の間取りが描けたので、アップします。




こんな感じです。
桜井の家.jpg

平屋の一戸建てで、敷地はちょうど、図の余白の部分くらいで、
右下の部分が庭、
あとは、玄関(洋室の左)から駐車スペースと通路を兼ねた敷地が
隣の家の横を道路まで延びていました。
(いわゆる「旗ざお」タイプの敷地ですね)

まず、変わっていたのが、この家と隣とその隣、家主さんは同じでしたが、
インターホンどころか「呼び鈴」がついて無かったのです。
これには下見時も気づかず、あとで自分たちでつけました。

それで、回覧版を持っていくときに、玄関ドアをノックしても
出てこられなければ「すみませ~ん」と呼び続けなくては
なりませんでした。

それと、別の記事にも書いたように、セクショナルキッチン、
つまり流し台のセットに「コンロ台」がついていなかったことです。
(コンロ台を置こうとすると、その右手の洗濯機置き場に行けない)

あとは、キッチンの横、というよりキッチン内(?)にある浴室とか、
妙に広い玄関ホールやトイレ…。
桜井の家.jpg

(説明が長いので嶺同じ平面図を)

でも、こういろいろと変わってて不便そうなわりに(しかも古い住宅)
なぜ借りたかというと、駅の側で171号線沿いと、交通の便利が
良かったこと、室内の内装リフォームをしたてで、綺麗だったこと、
そして、外犬が二匹いるので、右下の庭につなげば、
洋室からも和室からも、彼らを見ることができると思ったことです。

それと、大きかったのは、玄関ホールが広かったので、ここに
本棚を置き、カタログ類をたくさん並べることができそうだった
ところです。

家の広さの割には、廊下や玄関ホールが場所をとっているようですが、
この長い廊下もなかなか味があって気に入っていました。

私たちは二人家族なので、洋室にダイニングテーブルを置き、
食事はここで、そして、浴室の右側の窓に向かって2400×900㎜の
カウンターテーブルを置いて、事務スペースとしました。
また、和室にはベッドを置いて、主寝室として使っていました。

今改めてみても、この間取り、もう少しどうにかならなかったのかと
思いますが、ではどうすればいいかと、真剣にプランしてみたことは
ありません。
(ここの家主さんが、私たちにリフォームを依頼して下されば
 別ですが)

でも、後になって、ここの間取りを思い出し、別の家のリフォームに
役立てたことはあります。

そちらでは、洗面所が狭く、洗濯機置き場はキッチンの隅に
設けられたユーティリティーコーナーに置いてありました。
ただ、間取り上、細長いキッチンを通って突き当たりにそのコーナーが
あるので、別のところに洗濯機置き場を作りたいとのご希望でした。

ただ、設置できそうなスペースは、廊下ととなりあわせのダイニング
の一角しかなく、そこに洗濯機を設置すると音がうるさいのでは
ないかということが気になったのです。

そこで、さきほどの間取りを思い出し、
「いっそ洗面化粧台をダイニングの一角に置き、洗濯機のほうを
 洗面所に置けるようにすればよいのでは?」
ということになったのです。

実際、洗面所に化粧台があると、娘さんが入浴中に、ご主人が
洗面所に歯を磨きに行きにくいのでは、とか、外出から帰って
すぐ手を洗うには、奥のほうにある洗面所より、廊下の横に
化粧台があったほうが良いのでは…などといろいろなメリットも
浮かんできました。

私自身、化粧台がぽつんと浴室から離れた場所にあっても、
なんら不便は感じていなかったのです。

結局、ダイニングの一角に間仕切りを造って化粧台を置き、
洗濯機を洗面所に入れることになりました。
(この家の説明にも間取り図が要りそう…)

リフォームが終わり、奥様は「お風呂の残り湯を洗濯に使えるようになったわ」
と喜ばれ、娘さんも「子どものころ、歯を磨くのに廊下の奥の
薄暗い洗面所に行くのがいやだったけど、今はすごくいい」と
お気に入りの様子でした。

話を戻せば、この「風変わりな家」、結局は道具や材料を置く場所が
足らず、倉庫を借りたりしたものの、その管理が不便となり、
長く住むことはありませんでした。
(お隣さんも、私たちより一足先に引っ越してしまいました)

でも、わたしにとって、思い出に残る大好きな家のひとつです。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/111-943cb013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック