2LDKの団地を全面改装しました① …間取り変更ここがポイント…

ここでは、「2LDKの団地を全面改装しました① …間取り変更ここがポイント…」 に関する記事を紹介しています。
今回は団地の全面改装のレポートです。

20年ほど?空き家だった住戸で、元の持ち主様は
いわゆる"セカンドハウス"としてお使いだったとのこと。

そのため、団地ではもともとI型キッチンなのを、
L型キッチンにリフォームされている割には、
通常冷蔵庫や家電を置くスペースがコンパクトだったり、
洗濯機を置く場所がない、といった少々変わった間取りでした。

今回は、新しくこの物件を購入されたお客様のために、
下のような間取りをご提案しました。


【ビフォー】
HZ (3)

  

【アフター】
HZ (1)



今回の間取りのポイントは、ずばり、下の4カ所、

間取り図の中に赤い丸をつけた部分です。

HZ (2)


①まずは、浴室(ユニットバス)の前の脱衣室への入り口を
引き違い戸にします。

一般的には、片側だけの引き戸で良いのですが、
こちらの部屋は、脱衣所の間口が狭く、通常サイズの引き戸が玄関側に
出っ張ってしまうので、あえて幅の狭い引き違い戸としました。

引き戸を二枚ともはずしてしまえば、将来の化粧台や、
ユニットバスの交換の時など、便利だと思います。

②次に、洗濯機置き場を、L型キッチンのそばに造ります。
こうすることで、脱衣室が広くとれます。
(化粧台も少し玄関収納側に寄せて、脱衣室をより広く)
元がL型キッチンになっていたからこそ、この場所に!と、ひらめきました。

③そして、主寝室の入り口のドアを、外開きに。
一般的には、個室のドアは内開きが多いです。
しかし、団地住まいの経験者の私、自分だったら、
入り口側の壁には家具や荷物をめいっぱい並べたい…。
そこで、外開きをご提案しました。

④さらに、主寝室のクロゼットの奥行きを最大限にコンパクトにした上で、
クロゼットのドアは引き違いタイプにしました。
ベッドまでの距離が短いので、折れ戸だと開け閉めの時に、
後ろに下がりにくいからです。


それでは、実際の工事の流れ…の前に、
室内のビフォーの写真を。


対面キッチンをリビング側から。
HZ (4)


リビングの窓の前からキッチン方向を見たところ。
HZ (5)


玄関ドアを開けて正面の壁。
左は脱衣所、右はリビングへの入り口です。
HZ (6)


玄関横の部屋(元和室)から玄関(左側)と脱衣所(右側)方向を見たところ。
HZ (7)


もう少し下がって、その和室の押し入れ、入り口方向を見る
HZ (9)


もう一つの和室、キッチンの隣の和室から、押し入れ、入り口方向を見たところ。
玄関ホールと和室の間が広々として明るいのが、
元の間取りの特長でした。
HZ (8)


さて、これらのお部屋が全面改装で、どのように変わるか、
次回からレポートが続きます。





さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1163-c46a1732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック