システムトイレの面材を化粧台とおそろいにしたい♪

ここでは、「システムトイレの面材を化粧台とおそろいにしたい♪」 に関する記事を紹介しています。
今回はトイレのリフォームです。


最近ますます人気の、タンクが見えない【システムトイレ】へ
リフォームさせて頂くのですが、こちらのお客様からは、
プラスアルフォのご要望がありました。
FT (1)



それは、



システムトイレの扉や面材を、洗面所のカウンターと
同系色にしてほしい、というご要望です。

一般的に、ブラウン系の扉なら、濃いめ薄いめと、
メーカーさんが違っても、多少似た色柄があったりするのですが、
こちらのお客様の洗面所のカウンターはアッシュ系の木目だったため、
リアテックシートという樹脂のシートを貼らせて頂くことになりました。

貼らなくてはいけない部分を確認のため、
施工説明書を前もってダウンロード。
蛍光ペンの黄色で塗った部分が、樹脂シートを貼るところです。

FT (11)

ここで、気になるところが、縦に細長い扉です。
システムトイレは、個々のお家のトイレの部屋の一般的な幅に
合わせて数種類のサイズ展開をしているのですが、
その間口調整のためか扉が2枚重なっているのですね。

これを、段差があるまま樹脂のシートでくるむように貼る??
夫に聞いてみると、「そんなん、分解して貼ればいいねん」

新品の扉を分解して、樹脂シートを貼って元に戻す?
さすが、日頃から、「水と空気以外、クロスに貼れないところはないよ」と
豪語している夫のこと、(厳密にはもちろん物理的には貼れても、
使用上は無理、という下地はあるのですが)自信満々の様子なので、
任せることにしました。


そして、システムトイレが届き、お客様へ納品する前に、
樹脂シート貼りをします。
FT (5)


左がシートを貼った後。右は貼る前です。
(左右で2セットあるので比較できました♪)
FT (6)



では、いよいよトイレ本体の工事です。
まずは、便器とタンクを撤去します。
FT (3)


コンセントを手前から、壁の奥側に移設し、
壁にシステムトイレのフレームを留めるための下地の合板を貼ります。
そして、タンクを隠す部分のフレームを組み立てます。
FT (4)


2枚仕立ての扉、木口も綺麗に樹脂シートが貼れています♪
棚板にギザギザ?切れ込みが入っているのも、
間口を調節できるようにというメーカーさん側の工夫。
FT (8)


便器と手洗い器をセットして完成です♪
FT (10)


お客様が用意されたペーパーホルダーやタオル掛けが、
いっそうトイレ空間をグレードアップ(^^)/
FT (9)


トイレだけでなく、天井と壁クロスも、
ビフォーアフターが激変です。

こちらはビフォー。
FT (2)


そして、アフターです。
ほんのりピンクの天井にペンダントライトが映えますね。
FT (7)



こちらのトイレは、別記事の、化粧台やキッチン、
門扉廻り、玄関収納の工事をさせて頂いたお客様です。
素敵なセンスで私も仕上がりに大興奮でした。
ぜひ、それぞれの工事レポもご参照下さい(^^)






さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1180-99406fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック