和風住宅の玄関引き戸を新しく

ここでは、「和風住宅の玄関引き戸を新しく」 に関する記事を紹介しています。
今回は、玄関引き戸のリフォームです。

ビフォーはこちら。
凝った格子のデザインが素敵な引き戸ですが、
風雨で傷み、ガラスも割れたとのことで、
新しい引き戸に取り替えることになりました。
CG (3)

せっかく、新しい引き戸に取り替えるならと、
断熱性のある、ペアガラスの引き戸をお選び頂いたので、
現状の明かり取りの欄間(ランマ)部分には、
内側にアクリルパネルを張り足し、欄間からのすき間風も防ぎます。
CG (2)
(引き戸の外側は日に焼けて退色していますが、
 内側はきれいな木の色です)

では、工事の様子です。



まず、現状の下枠の左右にある、沓石の出っ張った部分を
斫り、撤去します。
CG (1)

サンダーでカットします。
CG (5)

CG (6)

平らな場所で、新しい玄関引き戸の枠を組み立てます。
CG (4)

元の玄関引き戸は、柱がそのまま引き戸枠の役目をしていたので、
今度は、柱を下地として新しい枠を取り付けます。
CG (7)

リフォームの場合、柱が若干傾いていたり、上下の下地が水平でなかったりと、
縦横のサイズをぴったり長方形に仕立てられてくる、新しい枠のサイズを
どう想定するかが悩ましいところですが、ぴったりに納められました。
(調整する余裕をどのくらい見ておくか…きつすぎても、ゆるすぎても
 支障があります)

CG (8)


玄関引き戸の取替は、『カバー工法』というものができ、
元々の壁や床面などを壊さずに、新しい引き戸を入れられるのが
ありがたいのですが、サイズの見極めにはいつも緊張します。
(ドアが高額ですし、いざ、新しいドアが入らないとなっても、
解体してしまったドアを戻すこともできませんし、もちろん、カタチ上ドアを戻すだけでなく、
戸締りもできなくてはなりません。)

だからこそか、玄関引き戸(ドア)の入れ替えは、完成後の達成感もひとしお。
今回も、お客様にも大変喜んでいただき、良かったです。





さて、今日の記事は…
クリックで応援をお願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ

関連タグ : サッシ・建具・ドア,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/1200-a373382c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック