シフォンの誘惑

ここでは、「シフォンの誘惑」 に関する記事を紹介しています。
私の日曜日の定番メニューといえば「そば」、という話を書きましたが、
もうひとつ、日曜日にほとんど必ずといっていいほど食べているものは、
ずばり、シフォンケーキです。

あの栗原はるみさんが、



「一年365日のうち、300回はシフォンケーキを焼いています」
(実は、300回だったか、200回だったか正確に覚えていないのですが、
「ほとんど毎日やん」と思った記憶が…)と雑誌で
コメントしていらっしゃるのを読んだことがあるので、
それなら私もチャレンジしてみようと思いました。

いきなりシフォンケーキの本を買うのもどうかなと思い、
まずはネットで作り方を検索。
「kumisukeさん」という方のサイトで詳しく作り方を載せて
いらっしゃったので、早速シフォン型を買いに行きました。

シフォンは焼いているあいだにとても膨らむのですが、
オーブンから出したあとだんだんしぼんでしまうので、型ごと
さかさまにひっくり返して冷ますのが特徴です。

型も、取り外しがラクでもつるつるすべるフッ素の型だと、
生地がすべって膨らみにくいということなので、アルミの型を選びました。

そして、初チャレンジで
「このままだとオーブンの天井についてしまうのでは…」
と不安になるくらい、うまく膨らみ、焼きあがりもフワフワで
それまで、時々スポンジケーキを焼いていたのがばからしく
なり、これからはシフォンで行こうと思ってしまいました。

こんな感じです。
cake01.jpg

さて、それからというもの、味はさることながら、シフォンは
ほとんどが空気のようなものですし、砂糖や油分も市販のクッキーなど
と比べると抑え目のように思い、ダイエットを意識していても食べられる、
それより何より、

「オーブンの中で綺麗に膨らむ姿を見つめるのが快感♪」

となりました。

日曜日はたいてい焼いていますし、日によっては、プレゼント用にと、
二台焼くこともあります。

cake02.JPG

(プレゼント用には市販の紙製の型が便利)

さらに、シフォンをプレゼントした友達からは、
「美味しい⇒私も焼いてみたい」という感想がぞくぞく。

そこで、いつも薦めているのがこの本です。

シフォンケーキの本―ふわふわ。しっとり。 (マイライフシリーズ 687 特集版)
福田 淳子
グラフ社
売り上げランキング: 98682
おすすめ度の平均: 4.0
5 とにかく美味しい!オススメ♪
3 魅力的なレシピ数
5 見てるだけで幸せ
4 初めて買ったシフォンケーキのレシピ本
5 44レシピ


この本には、シフォンケーキの味(フレーバーともいうらしいです)
のバリエーションがなんと44種類ものっています。

珍しいところでは、豆腐のシフォンとか、カマンベールチーズと
黒胡椒のシフォン…。

わたしが試したのは、「バニラ」「ココア」「ブールノワゼット」
「クランベリーヨーグルト」「フロマージュシトロン」「ラム酒」
「カルーア」
そして、シフォンに添えるための「カスタードクリーム」です。

こうしてみるとまだ7種類しか作っていないのですが、
それぞれが美味しいのでつい前に作ったことがあるものを
「もう一度これ!」と作ってしまいます。

私はもともと「kumisukeさん」のレシピからスタートしたので、
実はこの本のレシピの水の量を「kumisukeさん」風に少し増やしていますが、
ほんとうにしっとりして美味しいです。

日曜日はそばとシフォン。
カロリー的には、なんだかプラスマイナスゼロ、という感じですが、
もう何ヶ月も定番の日曜日の昼食とおやつなのでした。

(ちなみに、シフォンケーキを焼くときは早めにオーブンの
予熱をしておくことがポイントです)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する