これなーに?

ここでは、「これなーに?」 に関する記事を紹介しています。
今回はリフォームとは直接関係ない問題です。
(一部の方には関係あるかな)

さて、この壁についているフックは何をかけるものでしょう。



BASE 01.jpg

フック部分はふわふわしたスポンジ状になっていて、
二股に別れています。(クリックで拡大)

   .
   .
   .
   

これはずばり、
「ギターやベースを壁に掛けるためのフック」です。

こんな感じで、壁に掛けて保管、ディスプレイできるのです。
BASE 02.jpg

こうして壁に掛けると、気分はまるでミュージシャン♪
まあ、なにごとも「形からはいる」には、いいような。

そして、第二問(笑)

これは何をする道具でしょう。

BASE 03.jpg

握力を高めるためのグリップの一種ですが、よく見ると、
ちょっと違うところが…

    ・
    ・
    ・

そう、このように、手の握力というよりは、指の握力?を
養成するグリップなのです。
(なんかいろいろと使い方があるようなのですが、説明文が英語なので、
まだよくわかっていない私…)

BASE 04.jpg

(薬指にぐっと力が入っているのがわかりますね)

これは、あるベーシストさんのサイトで、ベースの技術向上のための
基礎訓練の一環として紹介されていて知ったもので、なんでも、
あの

 高島ちさ子さんもご愛用烈とのこと。

高島さんといえば、私にとって、バイオリニストというよりも、
すごい肉食女性(今はやりの肉食女子ではなく、本当にグルメで
お肉の好きな女性という意味ですよ…笑)
というイメージが強いのですが、ほんと

「これを使えば太いベースの弦もぐっと押さえられるかも」

と早速、楽器屋に買いに走った次第です。

コイルがいっぱい付いていて、一緒に買い物に付き合ってくれた姪に、

「星 飛雄馬の養成ギプスみたいやろ~」と笑いをとろうとしたのですが、

18歳の彼女には、『星 飛雄馬』 自体にピンときていないようでした。

昨日から犬の散歩中にニギニギ、食後のコーヒーを飲みながらニギニギ、
と張り切ってグリップを握っていますが、さて、どのくらいの
効果があるか楽しみです。

それにしても、いろいろとこういう需要に合わせて道具を生み出す方が
いらっしゃるってうれしいですね。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する