結構な荷物…

ここでは、「結構な荷物…」 に関する記事を紹介しています。
今週は、ワンルームマンションのクロス貼り替え工事が中心でした。

私は、クロスめくりと荷物持ちの手伝いに同行です。
ワンルームマンションは最近は「オートロック」が多いのですが、
これがなかなかの困りもの。

というのが、たとえワンルームの洋室一間のクロス貼り替えでも、
こんなに、



荷物があるのです。(クリックで拡大)
荷物一式.jpg

これを全部運ぶのに、オートロックの自動ドアを何度も出入り
しなくてはならないのです。
まだ、空家などで鍵をお借りできたり、管理人さん用の暗証番号
などを教えてもらえればましですが、やはり両手に荷物を持ちつつ
しまってくるドアと格闘するのは…

しかも、ワンルームマンションはエレベータがコンパクトだったり
するのですね。
自分ひとり入って、エレベータの「開く」ボタンを片手で押しながら、
道具を運び入れようとしているうちに、エレベータドアにはさまれそうに
なったり、私を置いて道具だけ先に上がっていってしまったり。

それより何より、ワンルームマンションによっては、エントランス
前が自転車やバイクでいっぱいで、自動車を横付けできなくて、
少し離れたところから荷物を少しずつ運ばなくてはならなかったり。

それでも、最悪なのは、エレベータに「クロスの糊付け機」が
乗らない(サイズ的に入らない)ことがあることです。
(機械の幅は約1.2m奥行きが30cm)

クロスの糊付け機は本体と脚とスリッターと呼ばれるクロス切断部品の3パーツに分かれるのですが、合計重量は約38キロ!

これが分解してエレベータに入ればまだ良いのですが、
糊が入っていたりすると、機械を傾けられないので階段で持って
あがらないといけないことも。

ワンルームマンションならエレベータはたいていありますが、
公団の団地とか、低層の集合住宅だと、エレベータ自体が無いので、
やはり階段で「糊つけ機」を持ってあがらなくてはなりません。

重たい上に、幅が1.2mあって、持ち手は機械の両端についていますので、
持ちにくいし、力が余分に要る体制で階段をあがらなくてはならないのです。

そういえば、新築の一戸建てなどで、クロスを貼りに行くと、
一階はまだ大工工事中だったり、残った建築資材でいっぱいで、
二階に機械をセットしなくてはならないことがあるのです。
そんなときは、せまい階段を気をつけて上がるのが、ほんとうに
大変なものです。

毎回、車から荷物を降ろし、現場までの荷物搬入に付き合っては、
つくづく、職人さんは大変だな~と思います。
それに、私が時々手伝う夫はともかく、他の方は一切奥さんやら手伝いの人が
おらずに、全部一人でやる方がほとんどでしょうから、
本当に皆さんクロスを貼りだす以前に、お疲れになることと思います。

(いえ、貼り終わってからも、機械自体を洗う、という仕事も
 ありますし、…洗うんですよ、機械の糊入れのトレーとか、
 糊のついたローラーやパーツを…また、朝と同じように
 帰るときにも荷物を車に積み込まなくてはなりませんもんね)

私もこのようにわかったようなことを言っても、リフォーム会社に
勤めているときは、ぜんぜん職人さんのこういったつらさが
わかっていませんでした。
時には、道具をエレベータに積んだりするのを手伝ったりは
しましたが、まさかここまで大変だったとは…という感じです。

職人さんが現場に乗って来る車にしても、
最近は駐車違反の取締りも厳しく、現場から少々離れても、
コインパーキングにとめなくてはなりません。
ましてや、「この現場は駐車場代は出ないんです」なんて
言われた日には…
(それは、今日の私たちなのでした)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する