職人さんの「宿題」

ここでは、「職人さんの「宿題」」 に関する記事を紹介しています。
職人さんの仕事時間といえば、昔なら(?)朝8時から午後5時、
といった感じでしょうか。
でも、今は、工期を急ぐ現場が多く、新築の現場など、
夜遅くまで残業をしていたり、日曜日にも仕事をしていたり、
逆に、工期はせかされつつも、近隣への配慮から、
朝も9時以降、夜は6時までしかできない、といったこともあります。

リフォームの現場でも


もちろん、工期は一日でも早いほうが望ましく、
それでなくても、工期を切り詰める元請さんが多いものです。

こういう背景から、職人さんも各自工夫して、
現場以外でできることは自宅の作業場で準備してくることが
あります。

建具の職人さんなら、ドアの吊り込み前に、ドアノブや鍵を
取り付けてからくる。

クロスの職人さんなら、
前日までに採寸をしてあれば、クロスに糊をつける作業を
家でしてくるなど。(まさに、わたしの夫ですが)

これをわたしは、「職人さんにも宿題があるのね」
などと夫に言って笑っていますが、この努力がかえって
自分の足をひっぱることもあるのです。

例えば、クロスの糊付け機を置く場所もないほど、
家具や荷物の多い現場や、工期が極端に限られる現場など、
やむを得ず家で糊をつけていきます。
(我が家は隣接する「お隣さん」が一軒…しかも、道路をはさんで…
 しかないほどの環境なので、朝6時や夜の8時にごそごそ
 糊付け機を動かしてても大丈夫♪)

そこで、お客様から
「あっというまにクロス貼りかえられたわね~」
などと褒めていただけるのはうれしいものの、
元請さんから、「あの現場で一日で○○m貼れたんだから」と、
次にさらに厳しい工期を組まれる、という恐れがあるのです。

職人さんは、(クロス職人は別ですが)
「日当」で報酬をもらうことが多いものです。
そこで施工の手間賃も基本的な部分は、日当を基準に、
半日かかる作業だから○○円、1時間で終わる作業だから△△円、
といった目安で算出します。

だから、現場で作業する時間に対して割高なのでは?と、
感じても、実は「宿題」を済ませてから、続きを現場でやっている、
という場合があるのです。

実は、ちょうど今日、夫は家で「宿題」をやっています。
家で休日の半分を使って材料をプレカットしたり、仮組をして、
明日は午前中で、作業を完了してこようという作戦(?)でした。
(駐車場代も半日分、節約できますしね)

ところが、プレカットに時間がかかり、気がつけば
ほぼ一日仕事をしていたようです。
明日の現場作業は、果たして半日で終われるのでしょうか。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/15-e9cb43d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック