6畳の子供部屋を二人で…

ここでは、「6畳の子供部屋を二人で…」 に関する記事を紹介しています。
今回、妹に頼まれた子供部屋のプランをいろいろと検討してみました。

6畳を高2(女の子)と小6(女の子)で使うわけですが、
現状、このようなドアや窓の配置になっています。
(図面では「洋室」になっていますが、今は「和室」です)


kidsroom00.jpg

建築家の方の「究極の解決プラン」などでは、こういった配置が
あるようなのですが、

kidsroom01.jpg

ドアの位置がこのように変えられるならともかく、この家では、
現状のドアと窓の位置は構造上、変えられないので無理です。

そこで、まずは、「ロフトベッド」を部屋の縦方向の幅いっぱいに、
(机や机の正面の本棚の上)造り付けとしたらどうだろうと
考えました。

kidsroom02.jpg

図面上は、ベッドの配置を表示していませんが、とにかく、
図面に向かって左側の壁に沿って、机の上にベッドの足元同士を
向け合う形でロフトベッドを造ろうというものです。

これは、私の自宅の寝室の配置(笑)がアイデアの出所です。
(夫婦の主寝室とは思えないような… まあ、やむを得ず
 なのですが)

Bedroom02.jpg

ところが、

このプランには、重大な欠陥?があったのです。

というのは、

この家は天井高が、2.3mほどしかなく、机が下におけるような、
ロフトベッドを造った場合、ロフトベッドの床面と天井のあいだが
85センチほどとれるかどうかだったのです。

これでは、寝るときにはなんとか気をつけて寝られたとしても、
地震で飛び起きたら、天井に頭をぶつけることに…

ある程度、ロフトベッド上の高さをとろうとすると、今度は、
下の机で勉強するのに、ベッドに頭をぶつけることに。

というわけで、苦肉の策のプランは崩壊し、次のプランを搾り出す
ことになりました。

別に、なにもかも二人のものをこの部屋に詰め込まなくても…と
思われそうですが、他の部屋も満杯なので、どうしても、この部屋に
子供の服から、本から、テレビやパソコンを置かないと
なりません。

パソコンもそれなりに使いやすくするために、子供の机も
2m超の天板にして、真ん中にテレビやノートパソコンを置く
スペースとする予定なのです。

さらに、今までは、各部屋が誰の部屋という決まりは無く、
机も持ち物も服も、いろいろな部屋に分散していたので、
子供たちが自分のものを中々元に戻さず、そこら中に出したままにする、
というのも、妹が悩みの種でした。

そこで、無理にでも、子供部屋に自分たちのものの置き場を作って、
管理させれば、「元に戻す」という習慣が芽生えるのではないかと…

まあ、そんなわけで、出だしにつまづいてしまったプランですが、
もうひと練りしてみます。

※追記 この後の工事進行の様子は下の記事へ

●「押入れ撤去直後はこんな感じ
●「押入れ撤去のつづき①」 
●「押入れ撤去のつづき②」(子ども部屋リフォーム完成写真)
●「ビフォー・アフターのアフター」(完成後4ヶ月後の写真)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する