愛は家を…

ここでは、「愛は家を…」 に関する記事を紹介しています。
私が結婚する前に、公団住宅に住んでいたころの話です。

その「団地」では、浴室がユニットではなく、壁、床がタイル張りで
ポリ浴槽が置いてありました。

タイルが無地で寂しかったので、少しアクセントをつけようと、
市販のタイルの上に貼るシールを見つけてきました。

カントリー調の家やハーブのイラストのおかげで、浴室の雰囲気が
変わり、入浴中もイラストや、イラストに添えられた英語のフレーズを
眺めたものですが、その中で、



印象的なフレーズに

 Love Makes a House a Home

というのがありました。

簡単な単語なので、英語でも十分ニュアンスは伝わって、
「いい言葉だなあ~漣」と思っていたのですが、
日本語に直訳してみようと思うと、

 愛は家を家庭にする…(う~ん、イマイチ)

 愛は家を我が家にする…(もう少しなんとか)

いい言葉なのに、英語で言うのもきどってる感じでなんだし、
日本語で表現できないものかな~と長年(笑)考えていたのですが、

ふと、思いつきました


 愛は家を家にする

 (あいは、いえを、うちにする)

「うち」…おうちの「うち」です。

家(いえ)という無機質な建築物が、愛によって、
「うちにおいでよ~」の家(うち)になる…

思いついた瞬間は、「これだっ」と思ったのですが、
やはり、日本語で書いてみると「う~ん」ですね。

それにしても、この言葉大好きです。

 Love Makes a House a Home

私も、リフォームというお仕事を通じて、家が、仕事に疲れて
寝に帰るだけの、ただの「家」(いえ)になってしまっていたり、
築年数がたって、建替え待ちの古い「家」(いえ)になっているのを
愛着のある「家」(うち)にするきっかけになれたらなぁ。

 Reform Makes a House a Home

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する