リフォーム見積もりの適正価格とは?

ここでは、「リフォーム見積もりの適正価格とは?」 に関する記事を紹介しています。
リフォームの仕事をしていると、当然
同業他社さんのチラシやホームページに興味津々になるものです。

ときどき、
「他社からもらったリフォームの見積書をチェックします」とか、
「工事の適正価格を教えます」といったサービス内容を
掲げていらっしゃるところがあるのですが、



わたしには、どうも納得いかないのですよね。

これを、例えば、設計事務所さんや不動産会社さんがするのなら、
わかるんです。

設計事務所さんは設計料で、不動産会社さんなら仲介料などで
売上げがあがりますので、お客様がどこの工事会社さんを
選ばれても、とくに自分の売上げにはかかわらないのですから。

つまり利害関係がない、第三者という立場です。
(中には、利害関係がある場合もあるのでしょうが…)


しかし、あるリフォーム業者が、他社の見積書を寄せ集めて
「ウチの施工料が正しいです。」
「A社は高すぎます。B社は安すぎます」といった判断をするのは、
やはりおかしいと思います。

リフォームの値段は、材料費・商品代・人件費・店舗の運営費
・広告宣伝費・交通費などなど、ただでさえいろいろな要素が
ありますが、業者さんなりの工事の進め方や、個々の現場の条件に応じて
独自の「適正価格」がはじきだされているものだと思うからなのです。

こういってしまうと、ただでさえわかりにくい見積書が、
ますます根拠のわからない、わかりにくいものになってしまいますね。

でも、変な話、(昔、上司に聞いた話ですが)
建設業界はとくに「どんぶり勘定」の時代が(?)長かったそうです。

「利益がないどころか、赤字を出しても、金額の大きい工事を
 受注したら、儲かっていると錯覚していた」とか、
 (度重なると…倒産!?)
「ある現場で赤字を出しても、別の現場で黒字になればいいか」
 (といいながら、赤字の現場の割合が多い!?)
 という感じで、あまり現場ごとの予算管理ができていなかったというのです。

だから、相見積もりで、仕事をとりたいばかりに、
お客様の値引き交渉に応じるがまま、「安さ」で、
他社に競り勝ったものの、実際の工事が終わってみたら、
ほとんど利益が残らなかった…ということも。

わたしの場合も、見積書をお出しするときには、

 ●下見を十分にして、できるだけ、「見落とし」や「提案不足」
  による追加費用が発生しないこと。

 ●工事の「安さ」でなく、「割安感」をアピールすること。
  
 ●責任のとれる施工をするために、相見積もりでの
  無理な「値引き合戦」に巻き込まれない。

ということに、気をつけています。

ところで、リフォーム業者として他社の見積書の適正診断をすることは
問題視するわたしですが、工事業者としてではなく、
「第三者」として、「見積もり代金」をきちんと頂いて、
見積もりをしたり、他者の見積書にコメントをしたり、
してみたいなとは思いますね。(笑)

たとえば、あるお客様がリフォームすることになったら、
相見積もりでなくても、下見に同席して、プランや見積書の
説明を一緒に受けてみる。

また、中古マンションや一戸建ての購入前に、
(不動産屋さんがいくら良い物件だと薦めてくれても)、

「もし、この家を買われるなら、ここの修繕が必要ですから、
いくらぐらいかかりますよ」と指摘するとか、

「このマンションならこのように間取り変更されたら、
お客様のご希望通りにできますよ、このぐらいの費用が
要りますが」

など、「見積書作成」「プランの提案」といった、
今のところリフォーム工事代に自動的に「込みこみ」になっている
部分を切り離して、それ自体の「仕事料」が頂けたらなあ…という感じです。

でもやはり、見積もりやプランに時間をかけてしまう、
わたしには件数がこなせないので、ちょっと難しいかな?





さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/19-39c2b9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック