大人だって夏休みは楽しい

ここでは、「大人だって夏休みは楽しい」 に関する記事を紹介しています。
毎年、仕事があれば現場へ、仕事がなければ家でのんびり、というのが
我が家のお盆休みの過ごし方でしたが、今年は珍しく車で小旅行へ。

小旅行といっても、行き先は、妹のダンナ様の実家の和歌山県は新宮市へ。
前々から田舎ならではの自然と川遊びを一緒に満喫しようと
誘われていたのですが、今回やっと都合がつきました。

妹一家は先発隊で行くことになっていたので、私たちは、単独で
追いかけていくことに。

「子供たちにはサプライズゲストということで内緒にしよう」
ということになり、大人たちだけで、こそこそと計画を進めました。

私もひさしぶりの夏休み気分に、
「川遊びなら、安全のために


ライフジャケット買っておこうか♪」

「お隣の家がかなり遠いっていってたから、夜は花火してもいいよね。
 たくさん持っていこうっと」

「ドライブ中に眠くなったらこまるから、スルメでも用意しとく」

と準備段階からワクワク(大人の夏休みや~)

さて、次は、現地までどうやって車で行くかですが、
ネットで地図を検索しても、現地には川と道路の表示があるだけで、
ほとんど家らしい家は載っておらず、とうとうネットの航空写真で
現地のあたりを見てみることに。

「うわ~すごい… 知らん間に空から写真撮られてる~」

とぎゃあぎゃあ騒いでいる大人たちのそばで、姪が
「なんで、田舎のおじいちゃんの家見てるの?」と聞いてくるので、
「いや、すごいところやなと思って…」とごまかす大人たち。

大阪から和歌山の新宮まで、ドライブルートはいろいろあったのですが、
夫は、どうせ大人二人なのだから『所要時間より走行距離優先』で
山道の国道を走るルートを選びました。

大人二人とはうものの、我が家には、
ペットがいます。犬&猫×2
一泊だけなら猫×2は家で留守番させるつもりでしたが、
「猫が放せる部屋も用意したから二泊していけば」との御好意に甘え、
まとめて連れて行くことに。

幸い車がワゴン車なので、ケージに入れて積むスペースだけは
たっぷりあります。

移動動物園

(まるで移動動物園やな~)

猫の発祥地はエジプトと言われるだけあって、意外と暑さに強い猫と違って、
我が家の犬は「北海道犬」で暑さにはとことん弱く、
いつも夏は庭の日陰でもぐったり。
今回のすし詰めの車内でもクーラーにあたれるだけ楽だったのでは
ないでしょうか。

とにかく、朝の涼しいうちにと、3時過ぎに起きて4時半出発予定のところ、
5時に家を出てきました。
途中とくに迷うこともなく、奈良県~和歌山県の山深い絶景を目に、
9時過ぎには目的地まで近づいてきました。

敷屋大橋

「この橋を渡ればいってるまに着くよ♪
 なんか、海みたいに川が青いわ…川原も広い」

ネットから検索してつぎはぎで手作りした地図を片手に興奮気味の私。

(川遊びに誘われてはいるものの、どんなところへ行くのかは
 まだわかっていないのです。)

到着したその日は、近くの歩いてすぐの川へ犬を連れて遊びに
行きました。
犬も自分からどんどん川へ入って犬掻きをするので、「老犬なのに」と
びっくりしました。(犬の12歳といえば、人間の70歳くらい?)

次の日は車で少し離れた川へ。

川遊び

夫が、10年以上も倉庫でほうりっぱなしにしていたゴムボートが
とても役に立ちました。
(高校時代にボート部をかじっていた夫の腕もちょっぴり活躍)

川の水はとても冷たく、油断していた私は、肩と腕にたっぷり日焼けをし、
「大人にもなって仕事以外でこんなにも日焼けしている女の人は
 おらんやろな~」と苦笑い。

田舎に滞在中は、連れて行ったペットの夜鳴きで眠れず、
(犬は飼い主の顔が見えないと不安がって泣き、
 猫は飼い主の顔を見れば、ケージから出せ!と
 泣き続ける始末…)
大阪に戻れば、肩と腕が日焼けでヒリヒリして眠れない日々を過ごした
私でした。

それにしても、今回はたっぷり遊んで、楽しんだので、
「また頑張って仕事するぞ~!」という気分になれました。
やはり、なにごともメリハリは大事ですね。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する