2階に欲しいのは

ここでは、「2階に欲しいのは」 に関する記事を紹介しています。
さて、9月もそろそろ過ぎ去ろうとしてます。
そして、私の待ちに待った10月がやってきます。

というのも、10月は、BUCK-TICKさんのライブに3本行く予定なのです。
(他にも音楽イベントの中のチアリーディング見たさにこんな行事にも行きますが)

この3本のライブのうち、2本は大阪で二夜連続なのですね。
そこで、一夜目に、東京からライブを見に来るBUCK-TICKファンのお友達が、
我が家に泊まりに着てくれることになりました。

「じゃあ、ライブ終わってから、車の中でBUCK-TICK聴きながら
 ウチに向かって~朝までBUCK-TICKのDVD見ながら『バローロ』と
 『魔王』で、酒盛り、次の日はやっぱ『昼蕎麦』だよね~」

と、ファンにしかピンと来ないスケジュールをたてて
盛り上がったものの、


「え、ウチに泊まりにきてくれるの?」と、
彼女の訪問に大喜びしている夫を見つつ、ふと心配になってしまったのですね。

というのも、彼女とはまだ昨年のライブ会場で知り合ってから一年で、
その後ライブの度に会場で数回会っただけ。

この春には初めてライブ後に飲みにも行きましたが、
彼女はまだ花も恥らう独身女性。
いくら夫婦ともどもBUCK-TICKファンとは言え、我が家に泊まることに
ちょっと抵抗があるのではと思ったのです。

「いや~、寝るまではいいねんで。ライブ後はみんな
  テンション高いから、お酒も飲んで、盛り上がって…」

「じゃあ、なにが?」

「次の日な、朝起きるやろ。まあ、トイレは1階にも、
  2階にもあるからよしとするわな。
  もし、彼女が私らより先に起きても、後に起きても、
  私とはともかく、あなたと寝起きの顔で鉢合わせするのは抵抗あると思うねん」

「そうかな~」

「そうやって。 私も、初めてあなたの実家に
  泊まりにいった時は、化粧もしてから『おはようございます』
  ってお義母さんやお義姉さんに挨拶しにいったもんやで。」

「今は、一番後に起きてきて、頭ぼさぼさで出てくるけどな」

「そういう話やなくて… あなたの実家には、
  洗面所と別に、男女別の広いトイレの一角に洗面台があるやん。
  だから、起きてすぐトイレ行って顔も洗って部屋で化粧も
  できるわけ。」

「なるほどな。」

「だから、彼女も、朝目が覚めたら、一階の洗面所に
  降りなくても、二階で洗面ができたら、部屋でゆっくり
  身支度ができるやろ。そしたら私らより早くても遅くても
  気ぃつかわんでいいかなと思って…」

「まあ、もともと猫の水やりとかにも蛇口があったら
  便利やからって無理につけたもんな。この際ちゃんと
  手洗うとこ作ったら、お前も独身の女友達が呼びやすくなるってことか」

「そうそう、私なんて、ライブハウスから帰って、
  シャワーあびる順番まで考えてるねんで。
  彼女があなたの後ってのもなんやし、彼女に一番に使ってもらって、
  二階の部屋で髪乾かしたりしてもらってる間に、私がさっと
  済ませて、あとはあなたがお風呂入っている間に私たちがお皿並べたり、
  酒盛りの用意とか…」

「えらい気合いはいってんなぁ」

というわけで、二階に洗面台…というより、洗面器(ボウル)を
つけることにしました。

本来なら、化粧台を設置したいところですが、場所がありません。
先月工事に伺ったお客様の家が二階のリフォーム中心だったのですが、
二階にも洗面化粧台とトイレがあるお宅だったので、工事中も
食事の前なども一階にいちいち下りていかずに済み、とてもラクだった
ことに憧れたものですが、置く場所が無いのでは仕方がありません。

どこに設置するかを夫と話合った結果、結局はトイレの中に設置
することにしました。

夫は
「トイレの中~!?」と不満そうでしたが、

「外国スタイルと思えばいいやん。パウダールームっていうやつ♪」

「広さが全然違うやないか」

「まあ、あとは彼女に好きにしてもらったらいいの!」

さ~て、秋の我が家のプチ・リフォームのはじまりです。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する