「家のもの」で良かった

ここでは、「「家のもの」で良かった」 に関する記事を紹介しています。
先日来、ちょこちょこ自宅のプチリフォームをしていますが、
昨日も現場から早めに帰れたので、洗面所のクロスの貼り替えをしました。

夫がクロスの糊つけをしている間に、私は古い壁紙めくりを開始。
今回、洗面化粧台は交換しないので、壁クロスが化粧台の際まで貼りやすいようにと、
化粧台の扉を壁際のほうだけはずしておきました。

(あ~、私、さすがクロス職人の嫁!気がきくわ~)

と自己満足にひたりながら、すべてめくり終わり、夫に交代。

夫も、自宅の分なので、気楽に貼り替えていき、スムーズに完了。
つづいて、私がはずしておいた化粧台の扉を取り付けようとしてくれた
その時、




「あ~、お前、ここの金具どうしてん…」

「えっ、なんの金具?」

「うわ~、この蝶番、キャビネットの中に金具落ちたんと
  ちがうか」

なんと、私が扉をはずそうと、化粧台本体側に留められた蝶番のビスを
とった時に、本体の内側からあてがわれていた金属のプレートが
中に落ちてしまっているというのです。

というのは、我が家の化粧台のキャビネットはホーロー製。
木製キャビネットなら扉はそのままビス(ねじ)留めできるのですが、
ホーローはそのままではビス穴が緩くなりがちなので、留めるものの
裏側に金具なりなんなりをあてがって、ビスと金具でサンドイッチを
するように留めてあるそうなのです。

扉のついた状態は
mini0234.jpg

化粧台本体側の蝶番のビスをはずすと、
mini0232.jpg


この写真は、キャビネットの下側ですが、右側の三つ穴の小さな金属が
本体の内部に落っこちていた金具です。

はじめ、金具をとろうと化粧台の巾木の部分をはずそうとしたのですが、
ビスを緩めても、巾木がとれません。

巾木がまがってしまってはホーローなので戻したり、他の素材で補修
することもできず、いろいろ試した結果、巾木をはずすのを断念。

そのうち、夫が化粧台の底板の右側に排水用の点検口があるのに気づき、
そこから手を入れて左奥手前に落ちていた金具を拾ってくれたのですが、
底板もホーローなので、点検口のふちで手をすこし切ってしまいました。

(私の方が腕が多少細いから届きやすいだろうと手をいれたのですが、
 どうしても金具まで手がとどきませんでした。
 夫と身長変わらないのに腕短すぎ)

とりあえず、なんとか金具は本体内部から取り出せたものの、今度は、
裏側からは、その金具をあてがうことができないことに気がつきました。

そこで、今度は金具でなくて、手が届く長さの木片を底板の点検口から
差込み、金具の代わりに木片にビスが留まるようにしよう、と相談。

ところが、本体内部にホーローを曲げた部分が突き出しているようで、
どうしても木片が思った位置に入れられません。

結局あーでもない、こーでもないと試行錯誤の結果、蝶番に新たに
ドリルで穴を開けて、新しいビスを取り付けることにしました。

これでなんとか、蝶番は落ちない程度にとまったものの、ホーローに開けた穴は
すぐに緩んでしまいました。(このために内部に金具をつけていたので、
当然です)

すべてが終わってみれば、この蝶番で悪戦苦闘していたのがほぼ1時間。
クロスを貼っている時間のほうが短く感じました。

それにしても、これが自宅の化粧台だから良かったものの、お客様の
化粧台だったらどうなっていたことか…

まあ、お客様の化粧台だったら、夫も給水給湯排水の接続を一旦はずし、
化粧台を持ち上げて、金具を拾い、持ち上げたまま再度金具を取り付け、
化粧台を戻して給排水給湯の接続…という大変な手間をかけて蝶番を
もとどおりに取り付けたことでしょう。

それにしても、夫についてクロスめくりに行く私は、今までにも
さんざん洗面所のクロスめくり、化粧台や吊戸棚の扉はずしを
していますが、今回のようなことは初めてです。

最近の蝶番は、蝶番自体のネジをはずさなくても、ワンタッチで扉を
本体から取り外しができるようになっているので、そのパターンが
多いのですが、中には今回のように蝶番自体を本体なり、扉からはずすことで
扉を本体から取り外すパターンがあります。

それにしても、キャビネットが木製ならなんでもないことが、
ホーロー製だということでここまでややこしくなるとは。
(我が家の化粧台が古いから…でも、ものを落としても
 洗面ボウルが割れないし、拭いたらすぐ汚れが落ちるしで、
 ホーロー自体はとても便利)

まあ、ホーロー製でも、最近のワンタッチ蝶番がついていて、
今回のようにならない場合もあるでしょうが、リフォームで
お客様の化粧台なり吊戸棚の扉をはずすときには、くれぐれも気をつけようと
深く心に刻んだ私でした。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する