メーカーさんもいろいろ…

ここでは、「メーカーさんもいろいろ…」 に関する記事を紹介しています。
今日は、どんなことを書こうかな…と、ふと思い出したことを。

私が今のように、職人である夫と結婚して、二人でリフォームの仕事を
するようになる前は、私はとあるリフォーム業者で、営業兼プランナーを
していました。

そのころから、なにげなく感じていたのが、
「メーカーさんにも、いろいろとカラーがあるなぁ」ということです。

というのは、



電話でなにか問い合わせたり、現場に到着した商品に不具合が
あって対応を求めたりするときに、妙に『上から目線』の
メーカーさんがあったり、『親身で親切』なメーカーさんが
あったりするのですね。

電話応対などは、社員さんひとりひとりの個性もあるでしょうし、
のんびりした方、テキパキとしつつ、少々キツイ表現の方、
『上から目線』の方…同じ会社でも、いろいろな方はいらっしゃるでしょうが、
それでも、そこはかとなく感じるムードというものがあるのです。

まあ、どのメーカーさんが対応が悪いだとか、今ひとつだとか、
個人的な印象を言うわけにはいきませんが、逆に、好印象だったというのは、
言っても許されますよね♪

ということで、わたしにとって、商品の優劣だとか、品質がどうこう
言う前に、一方的に好印象のあるメーカーさんがあるのです。

それは、「立川ブラインド工業」さんです。

遡れば、私がまだリフォームの仕事に携わる前、インテリアや建築を学ぶために
日中は仕事をしながら、アフターファイブ(…というよりアフターセブン
くらいだったような)にとある学校に通っていたときのことです。

その学校では、商品知識を得たり、サンプルを集めたりするために、
建材や内装材のメーカーさんのショールームを訪問する、という
課題が出されていました。

ショールームのご担当者さんにとっては、本来のお客様への接客のさなかに、
生徒がうろちょろしたり、サンプルを欲しがったり、商品の説明を求めたり、
というのは、大変わずらわしいものでしょう。

あからさまに邪険にされることはないものの、そんな雰囲気が
伝わってくるような応対をされることもありました。

その中で、「立川ブラインド工業」さんのショールームは、
私たち学生に対しても、丁重に応対くださり、その上、
積極的に商品説明をしてくださったり、わからないことはないかと、
聞いてくださったりしたのですね。

(このメーカーさんは、私たちが将来プロになること、
 商品を買う立場になるかもしれないことを、
 わかってくださってるのでは…と自己満足)

そのころは、メーカーさんのお名前もろくに知らない私でしたが、
「立川ブラインド工業」つまり、「タチカワブラインド」という
ブランド名だけは、ずうっと印象に残っていました。

そして、今年の夏だったか、大阪の北海道と呼ばれる、「能勢町」
にある我が家…兼事務所にある日、タチカワブラインドの営業さんが
ぴっちりとスーツを着て、カタログを持って訪問して来られました。

私たちの場合、会社組織でもないので、メーカーさんと直接取引させて
頂いているところはほとんどありません。

タチカワさんも、普段は仕入れの問屋さんを通じて商品を納品して
もらっているので、わざわざ山奥の?一職人の家まで
営業さんが来てくださるとは、びっくりしてしまいました。

夏のことなので、ぴっちりと着られたスーツが暑そうで、
自宅でTシャツとジーンズというラフな格好で応対した私たちが
申し訳なくも、(しかも、そうそう発注する件数も少なく…)
各種持ってきていただいたカタログをうやうやしく受け取りました。

そこで、「そういえば、タチカワさんって…」と、
私の学生時代の思い出がよみがえったのでした。

この秋、いろいろと自宅のプチリフォームをしましたが、
一箇所だけアコーデオンカーテンをつけることになり、迷わず
「タチカワブラインド」さんのカタログから選びました。

アコーデオンカーテンというと、ホームセンターなどでパックで
売っている手軽なものから、細かくオーダーできるものまで
いろいろありますが、やはり、寸法をぴったりにオーダーできるのは、
メーカーものならではですね。
我が家でも、とても重宝しています。つけて良かった♪

(…と、一方的に大絶賛していますが、身内にタチカワさんの関係者は
 おりません…とっても残念)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する