「目立つ」ことも大切

ここでは、「「目立つ」ことも大切」 に関する記事を紹介しています。
さて、昨日、三冊本を買ったのですが、私は読む順番を考えてありまして、
最後に読むことに決めていたのが、勝間和代さんの、

目立つ力 (小学館101新書 49)

でした。

まずは、「はじめに」の冒頭の文、

   これまで、私たち日本人はなるべく「目立つ」ことがないように、
  しないように、教育されてきました。
   その結果、考えていることや自分の内面を人に見せたり、
  あるいはこれ見よがしに自分の才能を人に示したりすることは、
  はしたない、あるいは露悪趣味ととらえられて、特定の職業の人を除いて、
  避けられてきました。

というところを読んで、ドキッとしました。
というのも、


私は、大勢の中では、なにかと目立ちたくないほうだったからです。

大勢の中では、と書いたのは、親しい友達や身内の中では、
格好をつけたり、自分の個性をアピールしたいという欲があったものの、
クラスの中で、とか、グループや会社の中では、できるだけ目立ちたくない、
というように、はっきりと自分の中で意識してたからなのです。

例えば、普通、女性だったら、結婚したら華やかな披露宴で、
ドレスや内掛けなどを着て、お色直しもできれば2回くらいしたい、
という夢を持ちそうなものです。

ところが、私の場合、「披露宴で大勢の人の中で、金屏風の前に座るなんて
嫌だな…。結婚なんてしたくないなぁ」とずうっと、思っていたのです。

結婚が三十代半ばになったのは、それだけが理由ではありませんが、
幸い、結婚相手も、親族の方も、盛大な式というものにこだわらない方で、
教会で式を挙げたあとは、身内だけの少人数のパーティだけを行い、
金屏風の前に座らずに済みました。

今思えば、小学校4年生の時と、高校一年生の時に、転校していて、
一回目の神奈川から大阪への転校では、ちょっとした転校生いじめに合い、
二回目の転校では、大阪から来た転校生というので、なにかと先生方にチェックされ、
わずらわしい思い?をしたことが関係しているのかもしれません。

とにかく、人付き合いも、できれば一対一か、少人数で、というのが
落ち着くほうで、それ以上人数が増えると、尻込みしてしまう
ところがあるのです。

今回、この、冒頭の文を読んだことで、「ああ、自分は、仕事を
するにしても、新しく知り合ったグループの輪の中にはいっても、
ちゃんと目立とう、自分を上手にアピールしよう、という努力を
怠ってきたのだなぁ」と、気が付きました。

このブログにしても、自分なりに情報発信をしたいという欲は
あるものの、どこかで、ひとりでもたくさんの人に読んでもらう工夫をしたり、
アクセスアップの仕組みを勉強して、実践しようということからは、
無意識に逃げていたような気がします。

そこで、この本に書いてあったことの中から、ひとつづつ、
自分のできることを順番に実行していこうと思いました。

手始めは、ブログランキングです。

私は、お気に入りに登録しているブログが複数あって、毎日のように
チェックして共感する記事があれば、「ランキングのバナー」や
「Web拍手」をクリックさせてもらうことも多いのですが、
自分のブログも「ランキング」にエントリーさせてみようという発想は
まったく無かったのですね。

勝間さんに言わせると、これは「控え目という美徳」ではなく、
「自信の無さという気後れ」とおっしゃるかもしれません。

ある意味、目立つことで、自分の記事をますますレベルアップ
しなくては、とか、より一層発言に責任を持たなくてはならない、
というこからの逃げの気持ちの表れとも言えるでしょう。

「ランキングにクリックお願いします!」と言うのも、なんだか、
厚かましいような、うぬぼれているような…、という気持ちも、
逆に言えば、格好付けかもしれません。

というわけで、今日から、「人気ブログランキング」にエントリーし、
「ランキングバナー」を張ることにしました。

ここで、気合を入れて?宣言します。

「良かったな、と思ってもらえた記事の日は、ぜひ、
 クリックして下さい!」

(はぁ、緊張します…)

それと、もうひとつ。

前から気になっていたものの、「まあ、そのうち…」と思っていた、
Twitter」にも、今日からデビューしました。
右上のプロフィールの下に、「つぶやき」の表示が出るようにしました。

ここにも、自分のブログの記事を更新するたびに、自動的に、
ブログのタイトルとリンク先を表示させるようにしました。

これで、この先、ブログへのアクセス数はどのように変化するか、
楽しみです。

少しずつ、ブログの記事を書き続けて、1000本に達したら、
「何かが起こる」(再び化ける)?と、
期待して、1000本書くのを目標にしていましたが、
1000本を待たずに何かが起こればうれしいです。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします。
人気ブログランキングへ

あ、肝心なことを書き忘れていました嶺
勝間和代さんの「目立つ力」の感想は次回の記事にて
書かせていただきます。


目立つ力 (小学館101新書 49)
勝間 和代
小学館
売り上げランキング: 1807
おすすめ度の平均: 3.0
1 確かに目立ってはいるが
4 すぐ実践できるBlog術 -紙メディアとの間に存在する彼岸の差-
4 ”カツマー”増殖する理由を見た!
2 勝間和代のGパーツ
2 中身がない

 
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/279-011dfe30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック