職人さんにも意識改革が必要!?

ここでは、「職人さんにも意識改革が必要!?」 に関する記事を紹介しています。
昨日、現場で夫は、とある職人さんと話をしたのですが、その中で
どうにもひっかかることがあった、というのです。

というのは、その職人さんが、

「自分は、どんな条件でも、引き受けるから、こんな仕事の無い
 時期にでも、仕事が集まってくるねん。
 日にちが決まらなかったら待ってあげるし、支払いが遅くなるっていうなら、
 それも融通するしな。」
 
と、誇らしげに言ったとき、夫は、口にこそ出さなかったものの、

(ちょっと、それは違うんやないかな…)と思ったそうなのです。

夫はどちらかというと、


仕事の条件については、気にするタイプです。

工期はもちろんのこと、現場の場所、車が停められる場所はあるのか、
集合住宅の場合、エレベータはあるのか、当日、他の職種の職人は
入ってくるのか、空き家なのか、人が住んでいる現場なのか、
それなら家具はどのくらいあるのか、誰が動かすのか…などなど…

夫が、なぜ、そういったことを細かく知りたがるかというと、すべて、
「段取り」に影響してくるからなのですね。
彼は、自分が元請としてお客様から仕事をいただく場合だけでなく、
下請けとして現場に入る場合も、工事の段取りを考え、日程を
念入りに計画します。

職人さんで、会社や、親方についていない場合、(つまり「ひとり親方」の場合)、
月給をもらえたり、有給休暇がとれるわけでもないので、
日々、いかに仕事を上手に詰めて、遊んでしまう日を作らないか、
ということが大切なのですね。

もし、複数の元請さんが仕事を言ってきてくれても、工期が重なると、
ひとつだけ引き受けて、その他は断らなくてはならない、ということになります。

そこで、請け負った工事は早め早めに、日程を押さえ、空いたところに、
一日ないし半日仕事を詰めていきたいと思うのものです。

ところが、夫に言わせると、先の、人のいい職人さんが、

「いつでもいいよ」と、言っていると、

仕事を依頼する側も、なかなか日程を決めないし、決まったら決まったで、
すぐに連絡をしてはくれなかったりで、予定がたたない、という
ことなのですね。

夫は、
「だいたい、日程とか、支払いとかがルーズな元請は、
 仕事もルーズや。

 職人が仕事欲しさに、なんでも『いいですよ』なんて言ってたら、
 自分の周りに、そんな業者ばっかり集まってくるし、応援に呼ばれる職人も
 困るんと違うか。

 俺は、できるできないははっきり言うで。その代わり、自分で
 請けたことは責任持ってやり遂げる。」

確かに、その職人さんは、自分の失敗でもない手直しなどを
無償でやってあげたり、監督さんを現場の帰りに送ってあげたり、
いろいろと彼の人柄ならではのことをしているそうですが、
なかには、

「財布忘れたから、お金貸してくれ」とか、タバコを一日に何回も、
「ちょっと一本くれ」とねだられたりしているそうです。

本人がそれを苦にしていないのなら、余計なお世話なのですが、
やはり、職人だからと、必要以上にへり下ると、周りの職人さんたちも
同じような扱いを受けるようになるのではないかと、夫は心配するのですね。

夫も、私と結婚前に、「支払いはちょっと待ってくれ」と
言われたまま、同じ得意先から次々と新しい仕事を請けていたことが
ありました。

私がそれを聞いて、

「『済んだ仕事の支払いを頂かないと、次の仕事には
  伺えません』って言って仕事を断ったら?」と、言ってみたのですが、彼は、

「仕事断ったら、今までの仕事のお金くれなくなるんやないかな。
  それも怖いし…」
 
「そんなん言ってたら、どんどん回収できないお金が
  増えるばっかりやで。」

夫は、覚悟して得意先に申し出てみたところ、直前の代金は
払ってくれるようになりました。

しかし、結局は大きな負債をかかえて倒産されてしまい、
80万近い、未回収の請求書の綴りだけが夫の手元に残りました。

私が、結婚前に勤めていたリフォーム会社の社長がよく話していたものです。

「職人だけには、ちゃんとお金を払ってやらなあかん。
  商品を卸売してお金を儲けている業者なんかは、商品代が
  回収できなくても、どうにかあきらめはつく。
  
  職人は、その儲けは正味、一日中汗水たらして働いた労働力や。
  それが回収できなかったら、精神的なダメージは大きいで。」

そのころは、「ふ~ん、なるほど」という感じで聞いていましたが、
今では、どっぷりと身に染みてわかります。

まあ、最近の景気の中で、元請さんにもいろいろとご苦労がおありでしょうが、
職人さんも多少意識改革をして、ある程度は、自分をしっかり持って、
その姿勢が現場に繁栄して、良い仕事につながればなぁと思います。

(それにしても、我が家の「ちょっと自己主張の濃い」
 職人さんにも、ちゃんと理解をしてくれる得意先さんがあって
 有難いことです)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/288-0cd25260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック