頭上注意!

ここでは、「頭上注意!」 に関する記事を紹介しています。
今日は、珍しく?見積書の仕上げや発注やカタログ手配などが重なり、
現場の夫と確認の連絡をしたり、得意先さんとファックスのやりとりをしたり、
午前中バタバタとしておりました。

そのテンションのまま、とりあえず昼食タイムに突入。
今日は私は家での仕事なので、「テキパキとご飯を食べて…」と、
食器棚前でゴソゴソお昼ご飯の用意をしていたら、

『ガンッ!』



前頭部にに衝撃がきたのですね。

その瞬間、なにが起こったかわからなったのですが、ふと顔を上げると、
目の前に、開けっ放しになった、食器棚のガラスの扉が…
091202_1606~02.JPG


この扉は、周りに框がなく、強化ガラス一枚のため、私が先に、
垂直に開けていたのに、バタバタしていて気がつかなかったのですね。
そのまま、足元の引き出しを開けて、上に身体を起こしたところを、
ガンッと…

打った場所がおでこよりかなり上だったので、ある程度私の髪の毛が
クッションとなり、擦り傷にはならなかったのですが、ぷっくりと
たんこぶができました。

それでも、よく、おでこを打たなかったものだと思い、思わず、
誰も居ない家の中で、

「神様、ありがとうございます~」と声に出して
何度も繰り返してしまいました。

私は、小さい頃に一度、鳥かごの角で、おでこをぱっくりと割った
ことがありますので、もう、おでこの怪我はこりごりです。
しかも、ひとりきりで家にいる時にそんなケガをしようものなら、
この間の、愛猫の流血騒ぎ程度では済まなかったことでしょう。

そういえば、リフォームの会社に勤めていたとき、私が担当した
現場で、お客様の要望でイレギュラーな場所に吊戸棚をつけたのですが、
施工が終わって、集金に伺ったときに、御主人がおでこに絆創膏を
貼られていたので、「どうなさったのですか?」とお聞きすると、

「自分で、頭打たないように気をつけてたのに、吊戸棚で打って
 しまって」

とのことでした。

それ以来、ますます私は、現場では、見栄えを後回しにしてもいいから、
とがったところはカンナをかけてもらい、なるべく鋭く尖った角を
作らないようにと、職人さんにお願いするようにしました。

例えば、押入れの中の「雑巾ずり」なども、それこそ、ちょっとした
木目の裂け目で、雑巾をかけるときに指先を傷める恐れがあります。
特に、表面にメラミンなどを貼った化粧板は、その切り口が鋭く
なりがちなので、棚板の端部など、気をつけるようにしています。

また、リフォームでは、ちょっとした棚をつけることがありますが、
小さいものほど目立ちにくく、物を拾うのに屈んだ後、頭や腰を
打つことがあります。

大きさにもよりますが、小さいお子さんがいるお宅などでは、
あえて、棚の下に支えの脚をつける、棚の下を収納にする、
などの工夫をしてみるのも良いと思います。

それにしても、前にも、このガラス扉は怖いな、と思って、
夫に、片開きのガラス扉の端にモールをつけてもらったのですが、
091202_1623~01.JPG


今回頭をぶつけたのは両開きの扉で、モールが当たって開け閉めが
できなくなるからと、そのままにしていたものでした。

やはり、何か事故防止の工夫をしなくてはいけませんね。
(ああ、おでこの上がズキズキする…)

span style="font-size:x-small;">さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/289-168f16bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック