資格切れたのに…

ここでは、「資格切れたのに…」 に関する記事を紹介しています。
先日、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターという団体さんから、
書類が届いていました。

この団体さんは、「マンションリフォームマネジャー」という資格を
管轄している団体さんなのですが、

(この資格については、こちらの「REPCOマンションリフォーム推進協議会
 さんのサイト方が、説明が詳しいですね。)

実は、私はこの資格が今年の3月で有効期限切れだったのですね。
というのは、



私は、以前勤めていたリフォーム会社では、その地区にマンションが
たくさんあったせいか、いろいろな築年数の、さまざまなタイプの
マンションのリフォームを経験させていただいたのですね。

そこで、さらにその経験を生かせるようにと、張り切って資格を
とったものの、私が夫とリフォームの仕事をするようになってからは、
ほとんど、マンションリフォームの機会がなかったのです。
(このあたりは、マンションなんてないからな~。)

こう言ってはなんですが、この資格はまだ、私が他に持っている、
インテリアコーディネーター」や「建築士」、そして、
宅地建物取引主任者」といった資格と比べてしまうと、
まだ認知度も低く、更新期限と更新費用のバランスを考えると、
「み、見送るか…」となってしまっていたのです。

でも、今回届いた書類によると、「資格の更新費は5年で¥8400、
資格更新時の講習とレポートを廃止する」といったことだったのですね。

しかも、私のように、今年の3月、更新をしなかった者も、
今からの手続きで更新登録をすれば、更新手続きが可能ということでした。

まあ、よく考えてみれば、大好きなアーティストのライブとかなら、
女房を質に入れてでも(あ、私が女房か)、の意気込みで、
チケット費を二人分、捻出している私たち。

それを、仕事の資格の更新費用を出さないというのは、ちょっと、
間違っているような気もしますね。

今回、「きちんと目立つ」ための努力をしようと、決意した私なので、
ここは、この資格についても、ちゃんとアピールしていこうと思います。

それと、アピールといえば、ついでに…。

私たちは、お客様から直接工事の依頼を頂くときには、
一定額以上の工事については、必ず契約書を交わさせていただいていますが、
そのときに使用する契約書のベースは、 (社)住宅リフォーム推進協議会さんの

 「住宅リフォーム工事請負契約書」と

 「住宅工事請負契約約款

を使わせていただいています。

このようにリフォーム関連の団体さんは、書類や書籍をいろいろと
出していらっしゃるので、ぜひ、活用させて頂きたいと思います。

ところで、(財)住宅産業情報サービス という団体さんは、
今は無くなったのでしょうかね。
こちらが出されていた、

「住宅リフォームエキスパート」という340ページ余りからなる
冊子、巻末にいろいろな書類のひながたが付いていて、とても
参考になったのですが…。

こういう団体さんも、今の景気のもとでは、運営がたいへんなのでしょうね。

 さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/291-376c5f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック