冬場の入浴にタイマー!?

ここでは、「冬場の入浴にタイマー!?」 に関する記事を紹介しています。
昨日、妹から聞いたのですが、ご近所の40代半ばの奥さんが、朝になって
お風呂の中で亡くなっているのが発見されたとのことでした。

その奥さんとは、とくに親しいわけではなく、なにか持病がおありだったとかは
知らないようですが、そんなにお若いのに、何があったのだろうと
その奥さんのところと、同じ年の子供を持つ身としても、ショックを受けたようです。

家の中で生じる事故の中でも、お風呂というのは、割合が高いことは
以前から言われています。

冬場はとくに、



暖かい部屋から、急に寒い浴室に入ることで、心臓に負担がかかるとか、
すべって転倒したり、子供がそれほど水を張っていない浴槽の中で溺れる…。

また、給湯器のリモコンの温度設定の確認ミス!?か、混合水栓の
使い方などによっても、蛇口から思わぬ熱いお湯が出て、
やけどをすることがあります。
一人で入ることの多い場所だけに、なにかがあっても、発見が
遅れることがあります。

このような話を、実家の母とも電話でやりとりしながら、私は、

「お母さんも、気をつけてよね。前から、冬は身体が温まらないと
 寝られないって、よく、寝しなにお風呂にはいってたよね。
  
 それで、つい寝てしまって、頭がボチャンッて、
 湯船につかって目が覚めたとか言ってたやん。

 ほんと、危ないから、気をつけてよ。
 お風呂で寝てしまったら、心臓麻痺になるよって、
 私が寝る前にお風呂はいるときによく心配してたけど、
 お母さんの方が、お風呂でうたた寝することが多かったもん。

 あれから、お母さんも、年とったことやしね。」

すると、母は、
 「ほんまやな~。気をつけるわ。私、キッチンタイマー
  かけてからお風呂にはいろうかな。」

 「うん。それはいいアイデアやわ。
  お風呂のリモコンに、せっかく『呼び出しボタン』ついてても、
  寝てしまったり、気失ってからやったら遅いもんな。

  タイマーなったら、万が一うたた寝しても気がつくし、
  タイマー鳴ってるのに、それでもお風呂から出て来なかったら、
  お父さんも『おかしいな』って見に来てくれるわ。」

というわけで、これからますます寒くなりますので、高齢者の
いるお宅や、小さなお子さんのいらっしゃる場合は、
タイマーを活用してみるというのも、いかがでしょうか。

(あんなこと言ってたけど、母がちゃんと寝しなに入るときは
 タイマーかけてるか、また聞いてみなくては。)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/300-d3a872ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック