元請さんの気配りに感謝

ここでは、「元請さんの気配りに感謝」 に関する記事を紹介しています。
今週は、とある賃貸マンションの内装工事に行っています。
(今日が三日目で最終、早く終われそうなので、私は自宅待機)

このマンションの工事は何回か伺っているのですが、いつもここの
仕事を下さる元請さんが、とてもきっちりしたかたなのですね。

月曜日、現場につくと、天井に作業灯がいくつも下げてありました。
mini0273.jpg


アップで見ると、


「綺麗やわ~烈」
091207_1834~01.JPG


作業灯は、職人さんが、現場に照明器具がついていないときや、
室内に電気がまだ来ていないときに延長コードを使って、部屋に
引き込んで使うものですが、たいていは、3mくらいの長いコード
と金属の大きなクリップと、引っ掛けるためのSカンがついています。

このように、ペンダントライトのように加工してあるものは、
インテリア雑誌などで、あえて照明器具として使ったグラビアを
見るくらいで、現物を見たことはありませんでした。

「こうして見ると、シンプルでなかなかいいやん」

と見とれていると、元請の担当さんが、

「天井にクロス貼るときには(シーリングと工事灯を
 一度はずさないといけないので)邪魔かもしれんけど、
 壁貼るときは、あったほうがいいやろ。」

と言って下さいました。

この部屋の様に、賃貸の貼り替えの時は、照明器具などはついていないことが
多く、そんな時のために職人さんは作業灯を用意しているのですが、
現場に照明があれば、余分な荷物を持って上がらなくても済みますし、
このように、長いコードがついていないものであれば、足元の
コンセントから天井に伸びたコードが邪魔になることも無く、とても便利です。

とにかく、器具を用意してくださったこと以上に、職人の身になって
薄暗い手元を気遣ってくださったというところが、感激でした。

他にも、この現場では、いろいろと配慮してくださり、例えば、
壁と床を貼る前に、新しい流し台が搬入してあったのですが、
ふと気がつくと、ちゃんと、流し台の下に角材をかませて、
台車をあてがってあります。
091207_1816~01.JPG

091207_1816~02.JPG


しかも、この台車で、新しく貼った床材を傷つけないようにと、
養生のための薄ベニヤも持ってきてくださいました。養生は
職人まかせ、の元請さんも多いというのにこのマメさ!)

他の現場でも、このように、壁や床を貼る前に、流し台やら化粧台
やらが
搬入されていることは多々あり、作業をしながら、あっちにどけたり、
こっちに戻したりと、なかなか大変なものです。

私がたまたま現場についていっているようなときは、それでも、
二人で運ぶことはできるのですが、いつも、一人のときはどうしているのだろう、
と(夫だけでなく、他の職人さんにしても)思っていました。

今回は、この台車のおかげで、らくらくと流し台を移動することができ、
気持ちよく仕事がはかどりました。

さて、この元請さん、工事の段取りも細やかに考えられ、職人にとっても、
その気配りが有難いのですが、裏をかえせば、施工内容にもよく気がつく、
仕上がりに目が届くということです。(監督さんはこうで無ければ!)

昨日、クロスを貼り終わるのは19時半ごろかな…と、目どをつけていた夫ですが、
夕方ふたたび現場に現れた担当さんに、

「床のパテ、今日一回やっといた方がいいかもな。
 床歩くとちょっとしなるねん。一度にパテしたら、パテが割れやすいかも、
 と思って。」
 
「はい。今日クロス貼り終わったら、やっときます。」と夫。

せっかくの元請さんの言葉なので、クロスが終わった後、床を
掃除して、荷物をどけてから、床の目地のパテもすべて完了しました。
帰る時間は20時半前と延長になりましたが、今朝になって、夫いわく、

「昨日、パテ終わらせといて良かったわ。今日、ソフト巾木
 貼る枚数多いし、午前中にあまり時間とられたらしんどいところやった。」

ところで、このような素晴らしい元請さん(監督さん)もいらっしゃる
一方では、多忙に押されてか、段取りが後手後手になる監督さんも。

以前、工事当日朝まで現場の住所を伝えてこなかった監督さん
いらっしゃるのですが、昨日もまた、同じようなことになりそうな気配が…。

夫はまたもや、
「べつに、地図は描いてくれなくていいねん。自分で調べるから。
  …とにかく、住所、番地教えてくれるだけでいいねん俺は。」
送ると言って、送られて来ないファックスを深夜まで待ち続けたのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ 
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/303-10dda4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック