天井と壁のクロスは柄を変える!?

ここでは、「天井と壁のクロスは柄を変える!?」 に関する記事を紹介しています。
今まで現場を見てきて、いろいろな人の意見も耳にするのですが、

「天井と壁のクロス」って、同じ柄が良いでしょうか?
それとも、柄を変えたほうが良いでしょうか?

もちろん、壁がストライプとか、大きな柄物や、濃い色のものであれば、
天井も同じにする、ということは少なそうですよね。

ここで、"柄を変えるか"というのは、白っぽい色で、地模様だけがある、
ベーシックなクロスの場合という前提です。

人によっては、


天井と壁のクロスが同じだと、
「柄選びに凝っていない印象」→「面白みがない」「安っぽい」
感じがする、と言います。

また、元請さんによっては、「発注がラクで、品番間違いが起こりにくい」から、
天井と壁は同じ柄でよい、とか、内装の職人さんにとっては、
「柄が変わるたびに、糊付け機にクロスをセットしなおさなくては
ならないので、同じ品番のほうが有難い」などという考え方も。

そこで、私の個人的な印象で言いますと、最近は

「回り縁があるのなら、柄を変えたほうが良い」
「回り縁が無いのなら、柄は同じほうがよい」

…のでは、と思うようになりました。

回り縁があるのに、天井と壁のクロスが同じ柄だと、確かに
メリハリがなく、凝っていないような印象を受けます。

一方、回り縁が無いのに、天井と壁のクロスの柄を変えると、
柄物とプレーンなもの、はっきりした色と白っぽい色、のような
メリハリが無い場合は、どうも「回り縁が無い」ということ自体が
チープに見えてしまうような気がするのです。

例えば、マンションなどでは、どうしても室内にいろいろな寸法の梁が
出っ張っているのですが、あえて、天井と壁そして梁を同じクロスに
することで、「造形美」のようなものを感じ、かえって、回り縁なんて
野暮だな、と思えてくることがあるのです。

それが、もし、天井と壁のクロスを変えるとなると、
「この梁は背が高いから壁のクロス、あちらの梁は天井のクロスで…」
ということとなり、かえってすっきりと見えないのですね。

実は、今日伺ったマンション(空家)でも、こんなことがありました。

現場に着いて、元請さんにドアを開けてもらい、一歩中に入ると、
「うわぁ…広~いっ!ドアノブとかまで凝ってるし、贅沢」

いろいろなところを珍しげに見ているうちに、つい気になったのが、
下がり天井のクロスの貼り分けでした。

手前の天井と、奥のほうの、少し下がった天井は同じクロスが
貼ってあるのですね。
01.JPG


少し近寄ってみます。
02.JPG

画像では見えにくいと思いますが、手前と奥の天井がベージュ色のクロスで、
右側の壁と、手前と奥の天井の間の細い壁が小さな模様のついた
クロスが貼ってありますよね。

さらに、近づくと…
03.JPG


わかりますか?
細い壁の部分のクロスと、奥の天井のクロスが、出隅(出っ張った角)
の部分で「継いで」あります。

そう、この貼り方は、実は、二重におかしいのです。

柄がこのように変わる場合は、通常は「見切り材」つまり、なにか
別の素材のもの、デザインによって木製であったり、金属や、
繊維系のものなどを、両方のクロスの継ぎ目に取り付けて、両者を
「見切る」のです。

しかも、クロスは90センチほどの幅なので、当然、ジョイントをしながら
貼っていくのですが、この画像のように出隅の先端で継ぐことは
まずしません。(めくれやすいのと、見た目も目立つからです。)

見切り材をどうしても使いたくない、使えない場合は、せめて、
出隅を一センチほどでも巻いてから、別の柄をジョイントするのです。

マンションでは、構造上のこういった天井の段差があったり、梁の
交差するところがあります。

他にも、洗面所と廊下の出入り口に枠やドアがついていなくて、
廊下の壁のクロスが洗面所のクロスにそのままつながっている場合なども、
片方の壁だけ貼りかえると、途中で違う柄につなげなくては
ならないことがあります。

同じように、一戸建てでも、階段と廊下の天井のつながり方によっては、
天井と壁のクロスが途中で混じってしまうという場合があります。

初めから、このような場所に気がつければ、見切り材をあらかじめ
取り付けておくなり、天井と壁のクロスを同じ柄に統一しておくことができるので、
途中で両者が混じってしまうことがあっても、上の画像のようなことには
ならないように、対処できます。

ただ、リフォームで、限られた部屋だけクロスを貼り替える、
といった場合は、やむ終えず違う柄同士をつなぎ合わせることもあります。

とにかく、せっかくクロスの柄もよくデザインされた空間であっても、
上の画像のような部分があると、ちょっと興ざめということに
なりますので、クロスの貼り分けにはご注意を…。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/306-e1fc2889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック