広い家なんだけど…

ここでは、「広い家なんだけど…」 に関する記事を紹介しています。
先日、とあるマンションのトイレの工事に伺いました。

空き家状態だったので、トイレ工事は夫に任せ、(便器とウォシュレットの
交換だったので私は運搬と掃除のみ)
室内を見学させていただくことにしました。

この家は、玄関を入ったところのホールとリビングとの間仕切りが
すべてガラスの格子状になっており、おそろいのデザインの両開き
ドアがついていてとても明るいのが印象的です。

また、それらの間仕切りや建具類は白の塗装仕上げで、金のハンドル、
グレード感があり、いかにもデザインされた空間です。

おそらく、今回のお客様が賃貸でお借りになる前に、オーナーさんが、
リフォームをなさったのでしょう。
もともとの造りではない、という手がかり?がところどころに見当たります。
(リフォーム業者ならではの観察力♪)

間取りは、このような感じです。



間取り.jpg
(クリックで拡大します)
「いいな~広くて。これだけ広かったら夢ふくらむわ~」

と、そのうち、あることに気がついたのです。
それは、

DKから玄関ドア、(しかも、あの無機質なスチール製のドア…)
が見えるのです。

室内ドアが見えるならもちろん構わないのですが、玄関ドアや勝手口ドアが
部屋から見えるというのは、どうも落ち着かないのですね。私の場合。

他にも、珍しい間取りだからと、ざっくりと書き写しているうちに
気がついたことが…

DKも居間、居間の奥の洋室が、"通り道"になってしまい、
家具が置きにくそう。

ということです。

例えば、仮に、間取り図上の居間だけを、リビング・ダイニングとして
家具を置いてみると、

こんな感じでしょうか。
間取りA.jpg


ダイニングには大きな両開きのドアが手前にでてきますし、
バルコニーの掃き出し窓、隣の洋室へのドアがあるので、
食器棚を置く場所も限られ、ダイニングテーブルを置くのには
狭そうな感じです。

そうすると、約12帖大のリビングにダイニングテーブルを置き、
ソファーセットを置くことになります。
(ソファーセットにせずに、ダイニングテーブルを大きくし、
 ソファを兼ねた大き目のチェアを置くという手もありますが)

となると、ソファーセットの横が通り道になって、少し
落ち着かない感じがします。一人がけのソファも置けませんし。

もちろん、間取り上、その奥の洋室を居間にするということもできます。
(もともと、ガラスの間仕切りで区切られていますし、奥の洋室への
出入り口もありますから、この洋室を個室として使うのには無理が
あることでしょう)
ただ、玄関からお客様をお通しするには、まだるっこしい感じがします。

そこで、もし、私がリフォームするとしたら…と
勝手にひとつプランしてみました。

こんな感じです。
間取りB.jpg


玄関から入って正面とサイドに間仕切り壁を設け、それぞれに
ドアをつけます。

居間とその奥の間の間仕切りをとり、代わりに、もとの居間の半分の
ところに開閉できる間仕切りをつけます)

こうすれば、お客様を玄関から居間にお通しするのも近いですし、
ソファーセットが奥まった場所になり、落ち着く空間になります。

手前に新しく間仕切った部屋にはダイニングテーブルを置き、
普段の食事や、子供連れの来客時やパーティの時など、
テーブルを分けて利用することもできます。
(キッチンとの間仕切りは無くてもいいですね)

ただ、このマンションの場合は、バルコニーに面した掃き出し窓が
4枚引き戸なので、それらとの取り合いによっては、間仕切りの仕方に
工夫が必要になりますが。

まあ、そんなわけで、間取りもそれぞれ、家族数やライフスタイルに
よって、いろいろと使い勝手が変わるというお話でした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/315-5d5eaa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック