デートの時はどうしてるの?

ここでは、「デートの時はどうしてるの?」 に関する記事を紹介しています。
今日から夫がまた新しい現場に入りました。

仕事をくれたのは、職人仲間で、昨日、現場のことを確認するために
電話をしてみたのですが、

「明日の現場、車停めるとこあるの?」と夫。

「あ~、駐車場は一台分だけありますけど、施主さんが
  停めるとこじゃないんかな。まあ、明日行ってみて確認しましょう」

「それで、明日は何時に行ったらいいの?」と再び夫。

すると、




「ああ、適当な時間でいいですよ。」

(いや、適当な時間って、だから、何時?)

夫は、現場の条件を知って、自分なりにあらかじめ段取りをしておきたい
方なので、このような返事をされると、どうも落ち着かないようなのですね。

「だいたい、彼は、いつも元請けさんとかにも、日程を
  『いつでもいいですよ』とか『合わせますよ』って譲りすぎるねん。
  それで、こっちが応援に行ったら、まだ大工さんがようけ入ってたり、
  他の業者が入ってきたりするねんな。
  しかも、彼自身が遅刻も多いし」

「でも、あなたがいくらキッチリしてても、結局、
  それをわかって仕事を言ってきてくれる元請けさんがおらへんかったら、
  偉そうなこといわれへんよね」

「そりゃ、そうや。」

「結局、職人さんでも、愛想よくて、人付き合いいい人に
  みんな仕事を頼むんやろうな。

  営業マンタイプというか…。
  でも、かえって、人がよくて頼まれたら断れないとか、
  相手に、たとえ必要なことでも、嫌なことは言いにくいというか」

「それにしても、適当な時間っていわれてもな」

「デートの時はどうするんやろね。
  『適当な時間に』なんて約束したら彼女、来うへんで」

「いや、それは、きっちり計画するやろう(笑)」

それにしても、建築業界(…の末端のほう)は、こういう
ルーズおおらかなやりとりが多いですね。

夫のように、仕事の依頼があるや、

「空き家? それとも人住み? 駐車場は?
  天井高はいつもの脚立で足りる? 床の仕事はあるの?
  巾木は?」

と前もって確認するようなタイプは煙たがられるのでしょうね。

でも、本来は、このようなことをちゃんとお互い把握しておくことが、
スムーズな現場進行には欠かせないと思うんですけど、私。

でも、どうも「いけいけドンドン♪ 現場なんてなんとかなるもんや!
  入る前にああだこうだいっても、どうせ予定は未定だよ」
ていう頭の柔軟な人のほうが、仕事が集まりやすいみたいですね。

がんばれ、夫!


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ  
   
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/320-637b8e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック