いじわるな現場

ここでは、「いじわるな現場」 に関する記事を紹介しています。
とあるワンルームマンションにクロスと床のクッションフロアの貼り替えに
伺った時の話です。

ワンルームマンションは、駐車場が無いことが多く、オートロックだったりすると、
職人さんが車の番をしながら、一人で部屋まで道具や荷物を何往復も
運ぶというのは大変です。

そこで、このような現場は、私もクロスめくりや荷物運びなど、
(そして、「間取りや設備のチェック!?」)を兼ねて付いていくことが多いです。

さて、この現場、部屋に入った途端に思ったのは、

(なんかちょっと、いじわるな現場だな~)

というは、



「こんなとこ、どうやって貼り替えるのよ…」

っていう部分が多かったのですね。

例えば、このミニキッチンの上部。
クロスをめくろうにも手が入らない(指しかはいらないので)
手前のほうしかめくれません。
100109_1028~01.jpg


新築の時に、この、わずかな隙間にベニヤなりボードなりを貼って
クロスで仕上げておいてくれれば、クロスの貼り替えのときも
見た目もきれいで、中にホコリが溜まることもないのですが…

ちなみに、クロスの貼り替え後はこんな感じです。
100109_1736~01.jpg


奥の方は手が入らないのでクロスがめくれず、元のクロスの上から
新しいクロスを貼っています。そのため、クロスの糊の接着力が
クロスの重みに負けて!?奥の方だけ垂れ下がっています。

ミニキッチンの手前に立っても、奥の方までは見えないのですが、
背の高い方なら見通せて「ちょっとブサイクだな」と思われるかも
しれません。

ただ、このように賃貸物件だとミニキッチンを交換がしやすいように、
あえて上部の隙間を幕板で囲まなかったのかもしれませんし、
クロスの貼り替え時の施工性などは後回しのことでしょう。

あと、ミニキッチンの右隣にも造り付けの棚が付いていたのですが、
こちらはさらに隙間が1cmほどの微妙な寸法。
これは、手どころか指も入りません。
(画像をクリックして拡大して頂くと、私の悪戦苦闘の様子が…)
100109_1334~01.jpg


まあ、こちらも、寸法ぎりぎりで造作家具が入らない方が問題なので、
1cmくらいの余裕をみて設置するのは良いことなのですが、
クロスの納まりのことを考えると、いっそコ-キングでも充填して
おいた方が、そこでクロスときっちり縁が切れるのに…と思ってみたり。

他にも、玄関のクッションフロアを貼る部分。
100109_1123~01.jpg


下駄箱との関係で微妙なサイズにならざるを得なかったのでしょうが、
左側に細く床が延長された部分、下駄箱が造り付けにしてあったものの、
一度外さなくてはちょっとクッションフロアが貼りにくいですよね。
(写真は下駄箱を外した後です)

他にも、この現場に限らず、マンションは梁のすぐ下に窓枠があって、
カーテンレールを外さなくては、クロスを貼れないことが多いものですが、
カーテンレールを見ると「ああ、また」という感じでした。

カーテンレールを外すということ自体は簡単なことなのですが、
実は、カーテンレールの「作り」としては、どうしようもないものの、
カーテンレールを支えているブラケットを外そうとすると、
ドライバーが正面からは入らないし、しかもこのようにすぐ上に
梁があると、ドライバーの頭が邪魔なのですよね。
100109_1333~01.jpg


ドライバーの先をロングタイプに差し替えれば、一応回しやすくは
なるのですが、どうもドライバーをビスに差し込もうとすると、
ブラケットにレールを留めるためのビスが出っ張っていてじゃまになるという、
このカーテンレールの作り自体、もう少し改善されないかな、と
前から思っている私です。

(まあ、これは安価な普及タイプの限られたレールの話ですが。
 賃貸物件だからこそ、この手のシンプルで安価なレールが
 採用されているわけで)

そうそう、カーテンレールを外すとき、付けるときのコツがひとつあります。

それは、複数ついているブラケットを両端から中央に向かって
外していく(取り付けていく)ことです。

これを片側から反対側に向かって順番に外していくと、レールが
途中から垂れてきてとてもやりにくいのです。長さが長いほど、
面倒でも左右を均等にはずしていき、最後に中央のブラケットを
はずすとレールがやじろべえのようにバランスをとってくれるので、
楽なのです。

さて、なんか、クロスの貼り替えがしにくいところに文句ばかり
言っているように見えますが、やはり施工がしにくいということは
仕上がりも悪い、見栄えも悪いということにつながります。

私たちも、よその現場を見てこのように気づかせて頂くことがあってこそですが、
リフォームの時には中途半端な隙間は作らないこと、隙間ができたときに
見切り材を付ける、隙間をふさいでクロスで仕上げる、コーキングを充填する
などの対処をしておくように気を付けたいと思います。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/342-daa980e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック