天井高いっ!

ここでは、「天井高いっ!」 に関する記事を紹介しています。
ここ4日ほど、とある賃貸マンションの現場で壁クロスと床のクッションフロア
の貼替に行っていました。

先日のちょっと変わった設備のマンションに続き、今回も見どころが。

というのは、このキッチン。
100115_0922~01.jpg


キッチンの後ろに造り付けのテーブルがあって…

…ではなくて、そのキッチンの上に広がる、



大空間。そして、リビング~キッチンの上にロフトがあるため、
4mもある、その天井高です聯
100116_0926~02.jpg


6尺…つまり1.8mの高さの脚立のてっぺんに立っても、壁の一番上に
手が届きません。
(しかも、実際には、脚立は一番上に立って作業してはいけないものです)

さて、どうやってクロスを貼り替えるのか。

いろいろと考えた末、夫が足場板と脚立でなんとかクリア。
100117_1017~01.jpg


つまり、脚立を開いてハシゴ状にし、ロフト前の左右の壁にそれぞれ立てかけ、
脚立の間に足場板を渡したのです。

そのままでは、床のフローリングの上で脚立の脚がすべるので、
片方の脚立にはすべりどめの靴をはかせ、
100117_1637~01.jpg
(本来、この靴…キャップは、壁に脚立を立てかけるとき、壁に
 傷をつけないようにする保護材。滑り止めの効果はいかほどか…)


もう片方の脚立は、キッチンの向かいのテーブルの下に腰壁があったので、
脚立と腰壁の間につっかいになるものをかませ、滑り止めとしました。

さて、クロスを貼り替えている夫の目線を、私も体験してみようと、
ロフトの窓から覗いてみると…
100117_1021~01.jpg



(ひぇ~)

絶景かな…ではなくて、めいっぱいの長さにスライドさせて
引き伸ばした足場板の隙間が、よりいっそう恐怖感をかもし出しています。

それにしても、この恐怖感を克服しつつ貼り替える1mあたりの単価と
普通に下で立って貼る1mあたりの単価が一緒っていうのはな~。

ちょびっと危険手当的な割増し単価にしてくれたら、恐怖感が
ワクワク感に変わるのにな~。
(…高見の見物の私と違って、夫的には変わらないか)

それにしても、この現場、壁のクロスだけで良かったなと思います。
もしも、天井のクロス貼りも必要なら、こんな高所で夫のご自慢の!?
「イナバウア」
を披露しなくてはならないところだったのですから…

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/347-a4166fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック