やきもき…

ここでは、「やきもき…」 に関する記事を紹介しています。
今、外では、”予定通り”結構な量の雨が降っています。

…というのは、明日、オーニング取付けの工事を頂いているのですが、
4~5日前に、天気予報をにらみながら、お客様に、わざわざ工事日を
変えて頂いて明日を選んだところ。

この一週間、雨が続く中で、今日のまとまった雨が上がって、
一日だけかろうじて「曇り~晴れ」となるのが明日で、あさってはまた
雨らしいのです。(だから、今晩中にたっぷり降っておいて欲しい

もし、明日雨が降って中止になったら、もともと「作業」に行くわけではない
私はともかく、職人の夫は、急きょ他の現場に飛び入りで行くわけにもいかず、
「一日失業」です。

これが、サラリーマンでなく、職人のつらいところなのですし、ある意味、
職人を社員として雇えないという理由でもあります。

それでも、


普段は、屋内の工事がほとんどの私たちは、天気のせいで、その日の仕事が
無くなることはありません。

今回のように、明日の天気でやきもきすることがあると、屋根の工事、
外壁や外構の工事などに携わる職人さんは、大変だなあと、つくづく思います。

先日も、たまたま、テラス屋根の取付け工事があり、前日夜に結構
雨が降っていたので、職人さんに電話で、

「ちょっと明日は難しいんと違います?いっそ、伸ばした方が…」

と持ちかけると、

「いや、明日朝には上がります」と職人さん。

「じゃあ、工事をするかどうかの判断は、
  朝の何時ごろにしましょう?
  ウチは山奥なので(笑)早くに出ておかなくてはらないし

(こんなに明日の天気を気にするのって、遠足みたい
と思いながら眠りにつき、次の朝起きて、恐る恐るカーテンを開けると
職人さんの想いが通じたのか、しっかり上がっていました

その時のこともあって、「今晩はしっかり降りつくしておいてね
という感じですが、さて、どうなるでしょうか。

やきもきと言えば、もうひとつ。

来週月曜日から、とあるマンションの店舗の内装工事に入ることに
なっているのですが、そのマンションの管理組合から、まだ、
《工事申請書》に対する《許可書》が上がってきていません。

もともと、このマンションでは、工事の申請から許可まで
何日かかるか目安が無い、わからない、とおっしゃっていたのですね。

今回の工事の元請けが私たちなら、そのような時は、長すぎるくらい
余裕をみて申請しそうなところですが、今回の元請けさんは、
とてもエネルギッシュで、てきぱきスピーディーに仕事をこなす方。

「今まで、3、4日で返事きてたから大丈夫

でも、今週の火曜日に申請を出して、今日もまだ返事が無いのに、
来週の月曜日から工事がスタートできるのかどうか

夫も、他から来週以降の仕事の引き合いが入ってくるのを、
昨日今日と、ことごとく断りながらも、さすがに心配になってきたようで、

「これで、明日も管理組合から返事なかったら、あさっては
  土曜日やで。管理人さん休みやろ。来週の予定押さえた職人にも、
  今さらドタキャンできへんで…」とソワソワ。

私も、リフォーム会社の新人時代には、工事前日によく不安になり、
「発注ミスはないか、段取り忘れはないか」と、やきもきしては、
上司に、

「この会社の新築部門は何千万の工事をいくつも請けるんやで。
君が請ける小さな工事で仮にミスが有っても、会社が補償できるし、
そのせいで会社が潰れたりすることはないから大丈夫

と、励まされた?ものです。
そして、徐々に経験も積み、まだ起こっていないことにいたずらに気を揉むより、
何か起こったときにすぐに対処できるように、他のことに時間を有効に使って
準備しておくほうが良いと割り切れるようになりました。
(割り切れないときも、もちろんありますが…)

今回も、明日にはどちらかの結果がでることでしょう。

天気はいかに、工事の許可はいかに…

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/374-5e8fa979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック