ロッキングチェアの運命は

ここでは、「ロッキングチェアの運命は」 に関する記事を紹介しています。
今日は、夫と二人で庭やら倉庫の片付けをしていました。

そして、久々に倉庫の奥から夫が発見したのが、
以前にお客様に頂いた、ロッキングチェアでした。

このチェア、前から見ると、

chair02

こんな感じですが、横から見ると、なんと、


chair01

あの、トーネットのロッキングチェアのようではありませんか!(強引)
(→こんな椅子です。 『ロイズ・アンティークス』さんのブログに写真が)

このロッキング・チェア、壊れかけていたからか、お客様がもう要らないと
いうことで、工事の時に引取りを頼まれたものなのですが、
夫がグラつきを直して倉庫に片付けてあったのでした。

私は以前から

「おばあさんになったら、ロッキング・チェアに座って、膝に猫を
 載せて編み物して過ごすのが夢

などと言っていたのですが、猫の「飼わず嫌い」だった夫が、
現場でいろいろなお客様の家で猫を見ているうちに、
とうとう猫の魅力に陥落し、猫を膝に載せる夢は思いがけず早くに
叶ったのでした。

それにしても、だいぶ前に、このロッキング・チェアをお客様の
ところから持ち帰って来たことはすっかり忘れていました。

(あとは、編み物だけやん

編み物はともかく、猫を膝に載せて本でも読もうと、早速、
ロッキング・チェアを二階に運びました。

しかし!

よく見ると、このチェアの座面と、背中の部分は、愛猫が
大喜びで爪をとぎそうな格子状の織物仕上げ。

(この綺麗な座面が保たれるのは一体いつまでか…

とにかく、綺麗な姿のうちに、写真に収めておこうと思った、
私なのでした。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/384-348e8c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック